更新日:2020年5月19日

ここから本文です。

お忘れの申請はありませんか

1か月の医療費が高額になったときに支給される高額療養費、住民税非課税世帯の方で、「限度額適用・標準負担額減額認定証」を提示せずにかかった入院時の食事代、被保険者がお亡くなりになったときに支給される葬祭費の時効は2年間です。

申請がお済みでない方は、国保年金課で手続きしてください。時効を過ぎると支給できません。

後期高齢者医療制度の主な時効

種類

消滅時効の期間

起算日

  1. 高額療養費
  2. 入院時の食事代

2年

診療月の翌月1日(診療月の翌月以後に支払ったときは、支払った日の翌日)

  1. 高額介護合算療養費

2年

基準日の翌日

  1. 治療用補装具
  2. 保険証未提示等でかかった医療費
    (保険負担分)
  3. 海外療養費

2年

費用を支払った日の翌日

  1. 葬祭費

2年

葬祭を行った日の翌日

 

  • 高額療養費の申請は、初回のみ必要となります。2回目以降の申請は不要です。

よくある質問

お問い合わせ

福祉部国保年金課 医療福祉担当

電話番号:0569-84-0652

ファックス番号:0569-22-8561

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?