ホーム > 暮らし・手続き > 後期高齢者医療制度 > 届出 > お亡くなりになったときの手続きは

更新日:2018年1月16日

ここから本文です。

お亡くなりになったときの手続きは

後期高齢者医療制度に加入の方が、お亡くなりになったときは、次の届出等が必要となります。

  • 後期高齢者医療資格喪失の届出
  • 送付先設定(変更)の届出
  • 葬祭費支給申請(喪主の方へ5万円が支給されます)
  • 療養費、高額療養費等の支給(支給口座変更)申請(相続人の方へ支給します)
  • 後期高齢者福祉医療喪失の届出(該当者のみ)

手続きに必要なもの

  • 後期高齢者医療被保険者証
  • 限度額適用・標準負担額減額認定証(お持ちの方のみ)
  • 特定疾病療養受療証(お持ちの方のみ)
  • 後期高齢者福祉医療費受給者証(お持ちの方のみ)
  • 葬祭執行者(喪主)が確認できるもの(会葬礼状または葬儀の領収証*喪主の名前が入ったもの)
  • 葬祭執行者(喪主)の認印
  • 葬祭執行者(喪主)の振込先口座の分かるもの
  • 代表相続人の認印(喪主と代表相続人が異なる場合)
  • 代表相続人の振込先口座の分かるもの(喪主と代表相続人が異なる場合)
  • 手続きされる方の本人確認ができるもの

葬祭費等を申請者(喪主や相続人)以外の口座へ振込を希望される場合は、支給申請書の委任欄等に別途、記入、押印等が必要となります。

詳しくは国保年金課へお問い合わせください。

その他

保険料の精算(月割の支払いまたは還付)がある方は、相続人を指定していただき、その方に精算をお願いすることになります。

よくある質問

お問い合わせ

福祉部国保年金課 医療福祉担当

電話番号:0569-84-0652

ファックス番号:0569-22-8561

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?

ページトップへ戻る