ホーム > 暮らし・手続き > 後期高齢者医療制度 > 後期高齢者医療制度の納付方法 > 後期高齢者医療保険料の特別徴収が始まります

更新日:2019年5月1日

ここから本文です。

後期高齢者医療保険料の特別徴収が始まります

後期高齢者医療保険料は、原則、年金からの支払い(特別徴収)となりますが、平成30年6月2日以降に後期高齢者医療制度に加入の方で、次の要件に該当する方は、平成31年から年金からの支払いが始まります。

平成31年4月、令和元年6月、8月から年金からの支払いが始まる方には、事前に特別徴収(仮徴収)開始のお知らせ「仮徴収額特別徴収開始通知書」をお送りします。

令和元年10月から年金からの支払いが始まる方は、令和元年7月ごろにお送りする平成31年度後期高齢者医療保険料決定通知書でご確認ください。

年金からの支払いの要件

  • 年金額が年額18万円以上の方
  • 介護保険料と後期高齢者医療保険料を合わせた保険料額が、年金額の2分の1を超えない方

要件を満たす方でも受給している年金の種類により、年金からの支払いにならない場合があります。

「支払い方法変更の申請」により、年金からの支払いに替えて「口座振替」を選択された方は該当しません。

年金からの支払い開始時期

後期高齢者医療制度に加入時期

年金からの支払い開始月

平成30年6月2日から平成30年10月2日まで

平成31年4月

平成30年10月3日から平成30年12月2日まで

令和元年6月

平成30年12月3日から平成31年1月31日まで

令和元年8月

平成31年2月1日から令和元年6月1日まで

令和元年10月

加入時期と年金からの支払い開始月が異なる場合があります。

保険料の支払い方法の選択ができます

年金からの支払いに替えて「口座振替」による支払いを選択できます。

「口座振替」の手続きとは別に「支払い方法変更の申請」が必要となりますので、次のものをお持ちのうえ、国保年金課へお越しください。

  • 保険証(後期高齢者医療被保険者証)
  • 預金通帳
  • 通帳印

「口座振替」のみの手続きの方は、年金からの支払いに替わる場合があります。

年金からの支払いに替えて「納付書」による支払いを選択することはできません。

納付状況から口座振替への変更が認められない場合があります。

口座振替の名義人の方に社会保険料控除が適用されます。

年金からの支払いを中止するまでに、約3か月かかります。

よくある質問

お問い合わせ

福祉部国保年金課 医療福祉担当

電話番号:0569-84-0652

ファックス番号:0569-22-8561

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?