ホーム > 健康・福祉 > 健康・健診 > 健康診断 > 半田市国保の乳がん検診助成

更新日:2020年5月1日

ここから本文です。

半田市国保の乳がん検診助成

半田市国民健康保険に加入の方で、乳がん検診(乳がん検診のあるセット検診を含む)を受ける方に補助を行います。

目的

半田市国保被保険者の乳がん検診受診に係る自己負担を軽減することにより、受診率の向上と、乳がんの早期発見・早期治療による、被保険者の方のQOL(生活の質)の向上をはかります。

期間

令和2年7月1日(水曜日)~令和3年2月27日(土曜日)

(新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、毎年5月下旬から実施している検診の開始時期を変更しました。)

実施医療機関

半田市保健センターが実施する乳がん検診実施医療機関です。

乳がん超音波検査

  • 小出クリニック
  • 知多クリニック
  • 中町クリニック
  • 半田市医師会健康管理センター(雁宿支所)
  • 半田市医師会健康管理センター(緑ヶ丘支所)

マンモグラフィ検査

  • 知多クリニック
  • 半田市医師会健康管理センター(神田町)
  • 半田市医師会健康管理センター(雁宿支所)
  • 半田市医師会健康管理センター(緑ヶ丘支所)

助成内容

半田市保健センターが実施する乳がん検診受信者(半田市国保被保険者に限る)の自己負担の一部を助成します。30~39歳の方を対象とする乳がん検診超音波検査は400円、40~74歳の方を対象とする乳がんマンモグラフィ検査は700円を助成します。(助成後の自己負担額500円)。なお、乳がん検診が含まれるセット検診においても、それぞれの額を助成します。
負担金の金額からそれぞれの額を差し引いた金額を受付にてお支払いいただきます。

検診当日、医療機関の受付時に国保の保険証を提示してください。
(検診当日に半田市国保被保険者の方に限ります。)

 

【乳がん検診と乳がん検診を含むセット検診の個人負担金について】

検診名

対象(令和3年3月31日

時点での年齢)

内容

通常個人

負担金

国保個人

負担金

乳がん(超音波)

満30~39歳

乳腺超音波検査

2,100円

1,000円

乳がん(マンモグラフィ)

満40歳以上

マンモグラフィ検査

2,200円

1,100円

女性がんセット1

満40歳以上

肺がん(X線)、胃がん、
子宮頸がん、乳がん(マンモグラフィ)、腹部検査

4,900円

3,100円

女性がんセット2

満40歳以上

肺がん(CT)、胃がん、
子宮頸がん、乳がん(マンモグラフィ)、腹部検査

8,900円

7,100円

子宮頸がん・乳がんセットA 満30~39歳 子宮頸がん・乳がん(超音波) 1,700円 1,300円
子宮頸がん・乳がんセットB 満40歳以上 子宮頸がん・乳がん(マンモグラフィ) 2,200円 1,500円

 

注意事項

受付時、国保の保険証をお忘れの方には補助を行うことができません。
また、負担金のお支払後、国保の保険証を提示していただいても返金はできませんので、あらかじめご了承ください。

よくある質問

お問い合わせ

福祉部国保年金課 国保給付担当

電話番号:0569-84-0662

ファックス番号:0569-22-8561

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?