ホーム > 健康・福祉 > 医療 > 福祉医療費助成 > 高額療養費及び附加給付金との調整

更新日:2019年4月5日

ここから本文です。

高額療養費及び附加給付金との調整

1ヶ月の医療費の自己負担額が高額となり一定の金額(自己負担限度額)を超えたときは、その超えた額が高額療養費として後日、加入する保険者から支給されます。(保険者によってはさらに附加給付金が支給される場合があります。)

医療費受給者証を使用して受診した際の医療費については、半田市が受給者の自己負担額を助成(医療機関に支払い)しているため、保険者から高額療養費(附加給付金を含む。以下同じ。)が支給される場合、その支給額分については市に返還していただく必要があります。

対象となる方には市からお知らせいたしますが、お知らせが届く前に保険者から高額療養費の支給を受けた場合は、必ず国保年金課へご連絡をお願いします。

よくある質問

お問い合わせ

福祉部国保年金課 医療福祉担当

電話番号:0569-84-0652

ファックス番号:0569-22-8561

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?