ホーム > 健康・福祉 > 福祉 > 障がい者・(児)福祉 > 各種助成制度 > 精神障がい者医療費の助成について

更新日:2019年7月4日

ここから本文です。

 

精神障がい者医療費の助成について

対象者

市内に住所を有し、かつ下記の要件に該当する方

医療助成の内容

 

精神障がい者保健福祉手帳1・2級をお持ちの方

平成29年3月31日までの受診分

助成内容

1.精神病床への入院

保険診療による医療費の自己負担分全額を助成

(差額ベッド代、食事負担金などを除く)

2.1以外の入・通院(平成24年10月受診分より)

 保険診療による医療費の自己負担額の3分の2を助成

(差額ベッド代、食事負担金などを除く)

所得制限

なし

受給者証

交付しない

助成方法

一旦、医療機関などの窓口にて自己負担額を支払った後、国保年金課で払い戻しの申請を行ってください。

申請に必要なもの

  • 健康保険証(対象となる方の氏名の記載のあるもの)
  • 領収書(診療を受けた方の氏名、医療機関等の名称、受診日、保険点数の記載されたもの)
  • 精神障がい者保健福祉手帳
  • 認印(シャチハタ等のスタンプ印は不可)
  • 預金通帳
  • 療養費支給決定通知書(高額療養費に該当する方)

 

平成29年4月1日以降の受診分

助成内容

○全ての入・通院

保険診療による医療費の自己負担分全額を助成

(差額ベッド代、食事負担金などを除く)

所得制限

なし

受給者証

交付しない

助成方法

一旦、医療機関などの窓口にて自己負担額を支払った後、国保年金課で払い戻しの申請を行ってください。

申請に必要なもの

  • 健康保険証(対象となる方の氏名の記載のあるもの)
  • 領収書(診療を受けた方の氏名、医療機関等の名称、診療日、保険点数の記載されたもの)
  • 精神障がい者保健福祉手帳
  • 認印(シャチハタ等のスタンプ印は不可)
  • 預金通帳
  • 療養費支給決定通知書(高額療養費に該当する方)

 

申請は、受診の翌月以降に月毎でまとめてお願いします。

健康保険から高額療養費が支給される場合は、その金額を差引いて助成します。半田市国保以外の方で高額療養費に該当した場合は、先に加入している保険者(協会けんぽ、健康保険組合等)で手続きを行った後、療養費支給決定通知書等をお持ちください。

助成を受ける権利は、領収日の翌日から起算して5年を経過すると時効によって消滅しますので、ご注意ください。

精神障がい者医療費受給者証をお持ちの方で、自立支援医療の指定医療機関に通院される場合、医療機関窓口に受給者証を提示していただければ精神科に係る診療が無料となります。

こちらもご覧ください→精神障がい者保健福祉手帳1・2級をお持ちの方へ(PDF:91KB)

自立支援医療受給者証(精神通院)の交付を受けている方

助成内容

障がい者自立支援医療を適用した精神疾患通院分について、保険診療分の自己負担額を助成

所得制限

なし

受給者証

交付する

助成方法

下記の申請に必要なものをお持ちいただき、国保年金課にて申請を行ってください。

精神障がい者医療費受給者証を交付しますので、愛知県内の医療機関の窓口に健康保険証と一緒に提示してください。窓口での自己負担額が無料となります。

申請に必要なもの

  • 健康保険証(対象となる方の名前の記載があるもの)
  • 自立支援医療受給者証(地域福祉課にて手続きを行ってください)

 

よくある質問

お問い合わせ

福祉部国保年金課 医療福祉担当

電話番号:0569-84-0652

ファックス番号:0569-22-8561

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。