ホーム > 健康・福祉 > 健康・健診 > 12歳から15歳までの方の接種は原則保護者の同伴が必要です

更新日:2021年8月30日

ここから本文です。

12歳から15歳までの方の接種は原則保護者の同伴が必要です

12歳から15歳の方の保護者の方へ

12歳から15歳の方が新型コロナウイルスワクチン接種をする場合は、原則、保護者(親権を行う者又は後見人)の同伴が必要です。ただし、中学生以上の接種に限り、保護者の同意を予診票上の保護者自署にて確認できたときは、保護者の同伴を要しないとすることができます。なお、12歳の小学生については、親の同伴が必要です。

  保護者の同意 保護者の同伴

中学生以上の12歳から15歳

  • 必要
  • 予診票上の保護者自署にて確認
  • 原則必要
  • 保護者の同意を予診票上の保護者自署にて確認できたときは、保護者の同伴を要しない
12歳の小学生
  • 必要
  • 予診票上の保護者自署にて確認
  • 必要

 

参考資料

小中学生の保護者のみなさまへ(PDF:86KB)

12歳の小学生の方の保護者ではない方が同伴する場合

12歳の小学生の方の接種に保護者が同伴できない場合、被接種者の健康状態を普段より熟知する親族等が、保護者から委任を受けて接種に同伴することができます。

その際は必ず委任状に必要事項を記入の上、持参していただきますようお願いいたします。委任状が無い場合、接種をすることはできませんのでご注意ください。

また、必要に応じて保護者の方に確認の連絡をいたしますので、当日は連絡が取れるようご用意ください。

なお、委任状は提出を求められる場合がありますので、必要数をご用意ください。

 

委任状様式(親権者)(PDF:75KB)

 

 

よくある質問

お問い合わせ

半田市新型コロナウイルスワクチン実施本部
0569-21-3111(内線6361~6365)

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。