更新日:2022年9月22日

ここから本文です。

小児肺炎球菌予防接種

小児肺炎球菌予防接種は、肺炎球菌による感染症(髄膜炎、菌血症、肺炎など)を予防します。

髄膜炎を発症すると、てんかんや精神発達遅延などの後遺症を残したり、死に至ったりする場合もあります。

 

小児肺炎球菌予防接種対象年齢、接種間隔、回数

対象年齢(生後2か月~5歳未満)

接種間隔、回数

標準的な接種

(1回目接種開始が生後2か月~7か月未満の方)

初回:27日以上の間隔で3回(2歳になるまでに。標準的には生後12か月未満までに)

初回2回目の接種が生後12か月を超えた場合は、初回3回目の接種は行わない(追加接種は実施可能)。

追加:1回(12か月齢後かつ初回3回目接種後60日以上の間隔。標準として12か月齢~15か月齢の間)

標準的な接種の機会を逃した方

(1回目接種開始が生後7か月~12か月未満の方)

初回:27日以上の間隔で2回(2歳になるまでに。標準的には生後12か月未満までに)

初回2回目の接種は2歳になった場合は行わない(追加接種は実施可能)。

追加:1回(12か月齢後かつ初回2回目接種後60日以上の間隔)

(1回目接種開始が1歳~2歳未満の方)

60日以上の間隔で2回

(1回目接種開始が2歳~5歳未満の方)

1回

 

 

よくある質問

お問い合わせ

子ども未来部子育て相談課 母子保健担当

電話番号:0569-84-0645

ファックス番号:0569-84-0610

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?