ホーム > 健康・福祉 > 健康・健診 > 予防接種 > 予防接種について > 令和2年度インフルエンザ定期予防接種について

更新日:2020年9月25日

ここから本文です。

令和2年度インフルエンザ定期予防接種について

高齢者インフルエンザ予防接種費用助成を実施します。

※令和2年度については対象者の方の接種費用を無料とし、接種開始時期を早めます。

高齢者は、インフルエンザを発病すると重症化する危険性が高いため、インフルエンザの流行前までに(12月上旬までに)接種することをお勧めします。

対象年齢、自己負担金、実施場所等は下記のとおりです。

令和2年度インフルエンザ定期予防接種(高齢者)
助成回数

1回

対象年齢

1.接種時65歳以上の市民

2.接種時60歳以上65歳未満の市民で、心臓、じん臓、呼吸器、免疫の機能に障がいを有する方で厚生労働省令で定める方(障がい者手帳1級程度)

実施期間

令和2年10月1日(木曜日)~令和3年1月31日(日曜日)

年末年始休診日は除く

実施場所

令和2年度インフルエンザ定期予防接種実施医療機関一覧表(PDF:106KB)

自己負担金

無料

申込み

実施医療機関に予約

(予約なしで接種できる医療機関もあります。)

持ち物 健康保険証、運転免許証など生年月日・住所が確認できるもの

 

令和2年度については、対象年齢の方はすべて自己負担金無料となります。

対象年齢の方で、次の方は自己負担金が免除されます。認印をお持ちのうえ保健センターに事前申請し、免除証明書の発行を受けてから接種してください。(医療機関で申請できる場合もあります。)

  • 市民税非課税世帯の方(ただし、他の税で滞納がある方は、免除を受けられない場合があります)
  • 生活保護受給世帯の方

令和2年度インフルエンザ定期予防接種チラシ(PDF:185KB)

厚生労働省インフルエンザQ&A(別ウィンドウが開きます)(外部サイトへリンク)

 

【副反応】

局所の発赤、腫脹、疼痛など、全身反応として発熱、悪寒、頭痛、倦怠感などがありますが通常、2~3日中に消失します。

【接種上の注意事項】

ワクチンの製造過程においてインフルエンザウイルスの増殖に、孵化鶏卵を用いるため、卵アレルギーの副作用が起こる場合があります。特に重篤な卵アレルギーの方は接種を避けるか注意して接種する必要があります。

【インフルエンザ予防方法】

  • 十分な栄養と休養をとる
  • 人混みを避ける
  • 室内の乾燥に気をつける
  • マスクの着用
  • 手洗いとうがいをする

よくある質問

お問い合わせ

健康子ども部保健センター

半田市東洋町二丁目29-6

電話番号:0569-84-0646

ファックス番号:0569-24-3308

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。