ホーム > 健康・福祉 > 健康・健診 > 健康情報 > 新型コロナウイルス感染症対策のための市施設の利用制限について

更新日:2022年12月8日

ここから本文です。

新型コロナウイルス感染症対策のための市施設の利用制限について

感染拡大の状況により内容が変更されることがあります。予約・ご利用の際には、事前に施設にお確かめのうえ、十分に感染対策を講じたうえでご利用ください。

利用条件

全施設共通して、

  • 施設が定める感染対策に協力することを前提に利用を許可します。
  • 会食・飲食する際は、同一グループで同一テーブルに4人までを目安に(介助や介護を要する場合は除く)、長時間を回避し飲食するときだけマスクを外し、会話の際には「マスク会食」を徹底してください。
  • 収容人数等に関しては、下記の通りです。
  収容率 人数上限 営業時間短縮

「感染防止安全計画」を策定し、

県がその内容を確認したイベント(注1)

100%(注2・注4)

収容定員まで

なし

 

 

その他のイベント

(小規模な会議・研修・各種教室を含む)

(注3)

大声なし:100%

大声あり:50%

(注4)

5,000人

又は

収容定員50%

のいずれか大きい方

(注1)5,000人超かつ収容率50%超のイベントに適用。「感染防止安全計画」の詳細は、国からの通知に基づき運用。

(注2)感染防止安全計画策定イベントは、「大声なし」であることが必須。

(注3)収容率と人数上限でどちらか小さい方を限度(両方の条件を満たす必要)。また、別に示すチェックリストにより、感染防止策への対応状況を確認し、そのチェックリストをイベント主催者等がWebページ等で公表し、イベント終了日から1年間保管すること。

(注4)同一イベント等において、「大声あり」、「大声なし」のエリアを明確に区分して開催する場合は、それぞれ50%(大声あり)・100%(大声なし)とする。

詳細については各施設にお問い合わせください。

マスクの着用について

愛知県「厳重警戒」での感染防止対策に基づき、マスク着用について、下記のように定めます。

屋内においては、他者と身体的距離(2m以上を目安)が確保できないときや他者と距離が確保できるが会話を行うときは、マスクの着用をお願いします。他者との距離が確保できる場合で会話をほとんど行わないときは、マスクの着用は必要ありません。

屋外においては、他者と身体的距離が確保できない場合で会話を行うときは、マスクの着用をお願いします。他者と距離が確保できないときであっても会話をほとんど行わないときは、マスクの着用は必要ありません。

高温・多湿などの環境下では、熱中症のリスクが高くなるおそれがあるため、上記のマスクの着用が必要ない場面では、マスクを外すことを推奨します。

原則、演者にも必要に応じてマスクの着用を求めますが、表現上困難な場合は、施設管理者にご相談をお願いいたします。

競技スポーツの場合は、スポーツ中のマスクは競技別ガイドラインに基づいて利用者等の判断となりますが、それ以外は必要に応じてマスクの着用を求め、着用が困難な場合は利用を控えていただきます。

 

 


よくある質問

お問い合わせ

福祉部健康課 成人保健担当

電話番号:0569-84-0662

ファックス番号:0569-25-2062

半田市新型コロナウイルス感染症対策室 電話番号:0569-84-0530

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?