ホーム > 健康・福祉 > 健康・健診 > 健康情報 > 新型コロナウイルス感染症に負けない過ごし方(新しい生活様式)

更新日:2020年6月19日

ここから本文です。

新型コロナウイルス感染症に負けない過ごし方(新しい生活様式)

新型コロナウイルスは誰もが感染するリスク・誰でも感染させるリスクがあります。
未来を楽しく、元気に笑顔で過ごすために、新型コロナウイルスの感染拡大防止にご協力をお願いします。

やってみよう!新しい生活様式

厚生労働省が示している新しい生活様式をわかりやすくまとめました。ぜひご活用ください。

新しい様式(4原則)やってみよう!新しい生活様式(4原則)(PDF:219KB)

新しい生活様式(基本)やってみよう!新しい生活様式(基本版)(PDF:280KB)

新しい生活様式(各場面)やってみよう!新しい生活様式(各場面別)(PDF:270KB)

みんなで守りたい4原則

身体的距離の確保

人との距離は2m(最低1m)、両手を広げて隣の人に当たらない距離をあけるように努めましょう。

会話の際は、マスクをつけて、なるべく対面を避けてお話しましょう。WHOは「5分間の会話で1回の咳と同じくらいの飛まつ(約3,000個)が飛ぶ」と報告されています。

適切なマスクの着用

マスクは、①人にうつさない、②目にみえない菌のついた手で不用意に顔を触れない、ために効果的です。

電車や職場・学校・買い物・公園など外出時や、屋内でも人が集まるところではマスクを着用しましょう。

咳エチケット

マスクの着用で、熱中症にかかりやすくなっています。】

マスクを着用しているときは、かかる作業や運動を避けましょう。

屋外で、人との十分な距離(2m以上)を確保できる場合には、マスクをはずして休憩をする。

マスクの着用で、体に熱が発せられやすく、のどの渇きが分かりにくくなっています。のどが渇いていなくても、こまめに水分補給をしましょう。

今年は要注意!熱中症予防(PDF:391KB)

 

手洗い・うがい

 

ご飯を食べる前に、外に行ったら、家に戻ったら、公園にいったら、人と話したら、トイレに行ったら・・・

何事でも前後にこまめな手洗い・うがいの徹底を!

1.手洗い

「ハンドソープで10秒もみ洗い後、流水で15秒すすぎ」×2セット行うことで、ウイルスを減らすことができます。

手洗いのポイント

 

手洗いをするときには、洗い残しの多い“指先・指の間・手首”も忘れずに洗いましょう。

手洗いの仕方

2.うがい

ぶくぶくうがい(3回程度)のあとに、がらがらうがい(3回程度)を行いましょう。

新型コロナウイルス感染症を予防しよう(PDF:244KB)

3密の回避

①密集②密接③密閉があるところは避けましょう。

3つの密が重ならない場合でも、リスクを軽減するため、できる限り「ゼロ密」を目指しましょう。

※屋外でも密集・密接には要注意。人混みに近づいたり、大きな声で話しかけることなどは避けましょう。

 

換気は、1時間毎に1回10分程度は行うようにしましょう。

乗用車やトラックなどのエアコンは「内気循環モード」ではなく「外気モード」を利用しましょう。

※一般的な空気清浄機は、通過する空気量が換気量に比べて少ないことから、新型コロナウイルス対策への効果は不明です。

 

3つの密を避けるための手引き(厚生労働省)(PDF:1,380KB)

感染対策チラシ(厚生労働省)(PDF:937KB)

感染対策チラシ(中国語)(厚生労働省)(PDF:961KB)

感染対策チラシ(English)(厚生労働省)(PDF:981KB)

4原則+αで、自分もみんなも守ろう

家にかえったら

ウイルスを家の中で広げないために、手洗い・うがい、顔を洗いましょう。

シャワーを浴びて、服も着替えましょう。

朝起きたら

体温測定、健康チェックをして、発熱や風症状があったら無理せず療養しましょう。

もし、感染を疑う症状があったら、愛知県半田保健所(電話番号:0569-21-3342)へご相談ください。

移動するとき

移動先の感染状況を確認して、流行地域への移動は避けましょう。

自らが無症候で発症していることがあります。帰省や旅行は控えましょう。

万が一、自分が発症したとき・濃厚接触者になった時に備えて、誰に会ったのかメモをとりましょう。

ほかにも生活の場面で工夫できることがあります。

ここまでの対策を行ったうえで、買い物や電車を使う時、遊びに行くときなど、感染リスクを減らすための工夫は、まだまだあります。ぜひご自分にあった方法を見つけてみてください。
【ここまでのまとめ】

身体的距離(2m)の確保をとる。

マスクの着用・咳エチケット。

こまめな手洗いとうがい。

3密(密集・密接・密閉)を避ける。

家に帰ったら、手洗い・うがい+顔をあらう、シャワーを浴びる、服を着替える。

毎朝、体温測定・体調確認。

外出時は、誰に会ったかメモをとり、流行地域への移動や帰省・旅行は控える。

こまめに換気(1時間毎に1回10分程度)をする。

買い物

一人または少人数で、すいた時間に、計画を立てて、素早く済ますようにしましょう。

レジに並ぶときには前途にスペースをつくり 、電子決済や通販も利用しましょう。

食品やサンプルなど掲示品への接触は控えめにしましょう。

食事

対面ではなく横並びに並びましょう。

持ち帰りや出前、デリバリーも利用しましょう。

屋外空間で気持ちよく食事を楽しんでみても。

大皿は避けて、料理は個々に用意しましょう。

お酌や、グラス・お猪口の回し飲みは避けましょう。

娯楽・スポーツなど

公園は、すいた時間・場所を選びましょう。

ジョギングは、少人数で、間隔(左右2m、前後10m以上)をあけましょう。

すれ違う時は距離をとるマナーを心がけましょう。

自宅でできる筋トレやヨガなどの動画や、予約のできる教室を活用しましょう。

狭い部屋での長居は無用。

歌や応援は十分な距離やオンラインで行いましょう。

※マスクを着用しての娯楽・スポーツは心肺機能に大きな負担をかけます。注意して行ってください。

公共交通機関の利用

会話は控えめにしましょう。

混んでいる時間帯は利用を避けるようにしましょう。

徒歩や自転車利用も併用して、3密の状況下にいる時間を短くしましょう。

働き方の新しいスタイル

体調を確認してから出勤しましょう。

テレワークやローテーション勤務、時差出勤を活用しましょう。

オフィスはひろびろと使用しましょう。

会議や名刺交換は対面をさけ、オンラインを活用しましょう。

デマやフェイクニュースに注意しましょう

デマやフェイクニュースが流れています。惑わされず落ち着いて行動しましょう。

 

 


よくある質問

お問い合わせ

健康子ども部保健センター

半田市東洋町二丁目29-6

電話番号:0569-84-0646

ファックス番号:0569-24-3308

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。