ホーム > 健康・福祉 > 健康・健診 > 健康情報 > たばこについて

更新日:2020年5月26日

ここから本文です。

たばこについて

5月31日は世界禁煙デーです。

たばこは、百害あって一利なし!

たばこには、4000種類の化学物質、200種類の有害物質と43種類の発がん性物質が入っています。

また、吸っている人(主流煙)よりも、たばこの先から出た煙(副流煙)を吸ってしまう周りの人の方が、有害物質を多く吸いこんでいます。みんなが過ごす空間ではたばこを吸わないように配慮していても、衣類・髪の毛・部屋の壁などに付着して残ります。換気扇の下やベランダで吸っても、受動喫煙はあります。加熱式たばこも、紙たばこと同様の有害性があります。

 

半田市では、5月31日の世界禁煙デーと5月31日~6月6日禁煙週間に合わせて、市役所1階高齢介護課前の健康コーナーで、たばこと禁煙についてのブースを設置しています。ぜひご覧ください。

健康コーナー世界禁煙デー

 

約72%の人が禁煙外来で成功しています!

自分のためにも、家族や周りの人のためにも、禁煙をしましょう。

たばこをやめられないのは、意志の問題ではなく、ニコチン依存症という病気のためです。

禁煙外来で、サポートしてもらうこともできます(保険適応あり)。禁煙治療には、飲み薬・パッチ(張り薬)・ガムの3種類があります。飲み薬の治療では12週間(約3か月)が治療期間となります。健康保険対象の場合には、3割負担で、12か月の治療で1万3千円~2万円かかります(たばこ約44箱分)。

禁煙治療について(PDF:2,285KB)

半田市内で禁煙治療ができる医院・薬局(PDF:266KB)

2020年4月から屋内施設の原則禁煙が始まります。

2018年7月、健康増進法の一部を改正する法律が成立しました。

このことで、望まない受動喫煙を防止するための取り組みは、マナーからルールへと変わります。2020年4月1日からは、多くの人が利用するすべての施設において、原則屋内禁煙となります。義務違反時には、指導・命令・罰則等が適応されます。

喫煙室については、愛知県半田保健所(電話0569-21-3341)へご連絡ください。

特徴

 

愛知県ホームページ「受動喫煙防止対策について(相談窓口掲載)」(外部サイトへリンク)

厚生労働省ホームページ「なくそう!望まない喫煙」(外部サイトへリンク)

 

法改正スケジュール

体系

 

世界禁煙デー

5月31日~6月6日は、世界禁煙デー・禁煙週間です。

たばこによる健康影響を正しく理解し、禁煙・受動喫煙を防止しましょう。

厚生労働省「世界禁煙デーにおける取り組み」(外部サイトへリンク)

よくある質問

お問い合わせ

健康子ども部保健センター 健康担当

半田市東洋町二丁目29-6

電話番号:0569-84-0646

ファックス番号:0569-24-3308

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。