ホーム > 健康・福祉 > 健康・健診 > 健康啓発・相談 > 健康啓発 > インフルエンザにご用心!

更新日:2019年3月13日

ここから本文です。

インフルエンザにご用心!

平成31年3月3日に 愛知県全域のインフルエンザ警報が解除されました。

愛知県では、平成30年12月27日(木)に「インフルエンザ警報」を発令しましたが、平成31年第9週(2月25日(月)から3月3日(日)まで)のインフルエンザ患者の定点医療機関当たりの報告数注)が、全ての保健所管内において警報継続基準値である「10」を下回ったことから、インフルエンザ警報を解除しました。
患者報告数も減少してきていますが、今後も、手洗い・マスクの着用・咳エチケットなどの予防対策を実施し、インフルエンザの予防に心掛けてください。
小児や高齢者等で急激な発熱、咳、咽頭痛、関節痛などインフルエンザの症状がみられた場合には、早めに医療機関を受診してください。

インフルエンザの症状は?

インフルエンザは、インフルエンザウイルスに感染することによって起こる病気です。38℃以上の発熱、頭痛、関節痛、筋肉痛、全身倦怠感等の症状が比較的急速に現れます。併せて、普通の風邪と同じように、のどの痛み、鼻水、咳等の症状も見られますが、インフルエンザは風邪よりも重症化しやすいです。こういった症状がある場合は早めに医療機関を受診しましょう。

予防するために

  • 手洗い(食事前、トイレ後、帰宅時など)をこまめにする
  • うがいをする
  • マスクをつける
  • 咳エチケットを守る (咳をするときは、ハンカチで口を覆うかマスクを着けましょう) 
  • 人混みを避ける
  • しっかり食べて、しっかり寝る
  • からだに異常を感じたら、早めに病院を受診し、早めに休息をとる
  • 予防接種を受ける

インフルエンザワクチンは効果が出るまで2週間かかり、効果は5か月程度続きます。接種から抗体ができるまで約2週間流行の始まる10月下旬から12月上旬までにかかりつけの病院で受けましょう。

インフルエンザで重症化しやすい方は?

以下の方々は、特に注意が必要です。

  • お年寄り
  • お子さん
  • 妊婦さん
  • 慢性閉塞性肺疾患(COPD)、喘息、慢性心疾患、糖尿病といった持病のある方

持病のある方は主治医にご相談ください。主治医と相談してできるだけ予防接種を受けましょう。

よくある質問

お問い合わせ

健康子ども部保健センター 健康担当

半田市東洋町二丁目29-6

電話番号:0569-84-0646

ファックス番号:0569-24-3308

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?

ページトップへ戻る