ホーム > 健康・福祉 > 健康・健診 > 半田市食生活改善推進員協議会

更新日:2022年3月7日

ここから本文です。

半田市食生活改善推進員協議会

半田市食生活改善推進員協議会とは

 

食生活改善推進員(食改さん)とは、「私たちの健康は私たちの手で」をスローガンに、調理実習や食に関する知識を地域に伝えることで、「食」の大切さの啓発など、食生活改善に取り組むボランティアです。

 

活動を通じ、自分の、また家族の健康づくりの知識が身に付くだけではなく、地域の健康づくりに貢献することができます。

 

半田市食生活改善推進員協議会は、1996年に発足しました。

年9回の定例会や、地域での料理教室、自主事業、半田市からの委託事業などで、市民の健康づくりや食育推進の担い手として活躍しています。

主な活動

家族や地域の方の食生活改善を目指し、食に関する啓発や普及ための活動を続けています。

半田市食生活改善推進員協議会主催の料理教室

半田市の郷土料理「箱寿司」のほか、地産地消の料理、食育の推進などを行っています。

gongitsune tanabata

【半田市郷土料理「箱寿司」ごんぎつね】

 

oyako

【親子料理教室】

半田市食生活改善推進員協議会定例会

半田保健所管理栄養士、半田市健康課管理栄養士、企業管理栄養士、地域の管理栄養士による講習会の他、自主献立による定例会を3グループ毎に年9回行っています。

makizusi 

【飾り巻き寿司】

hizyousyoku

【防災食】

離乳食講習会での試食作り

子育て相談課が実施する毎月の離乳食講習会で、試食作りを行っています。(令和2年6月より新型コロナウイルス感染症のため、見本作りを行っています。)

5month

【生後5か月用の離乳食】

野菜の手ばかり目ばかり

健康課が主催する健康づくり事業で、市の栄養士と一緒に、野菜摂取量を増やすための活動を行っています。

野菜の手ばかり1 野菜の手ばかり2

エプロンシアター

幼稚園や保育園で、子どもの将来に渡る健康づくりや食育を目的としたクイズや手遊びを行っています。

エプロンシアター画像1 エプロンシアター画像2

 

地域依頼による料理教室

地域の市民団体や公共施設依頼による料理教室を行っています。

280624

【夏のカルシウムたっぷり献立】

半田市食生活改善推進員協議会の会員になるには

半田市健康課が主催する養成講座を受講することで、半田市食生活改善推進員協議会に入会することができます。

養成講座は、全10回受講する必要があり、主な内容は以下の通りです。

  1. 「健康サポーター養成講座」5回
  2. 「離乳食講習会」1回
  3. 半田市食生活改善推進員協議会主催の「定例会」1~2回
  4. その他、半田市健康課が主催する講座1~2回

※事業の都合上、内容を変更することがあります。

 

入会希望、ご質問等お気軽に半田市健康課までお問い合わせください。

 

よくある質問

お問い合わせ

福祉部健康課 成人保健担当

電話番号:0569-84-0662

ファックス番号:0569-25-2062

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?