ホーム > 健康・福祉 > 健康・健診 > 健康づくり事業 > (企業・事業所向け)健康出前講座のご案内

更新日:2023年11月24日

ここから本文です。

(企業・事業所向け)健康出前講座のご案内

健康出前講座とは

 健康課では、企業・事業所等で働いている皆さんの健康づくりもお手伝いしています。

  • 職員の健康づくりを応援したい。
  • 健康に対する知識を身につけたい。
  • みんなで健康測定がしたい。
  • メンタルヘルス講座やゲートキーパー養成講座を実施してほしい。

などのご要望に対し、市職員(保健師、管理栄養士、歯科衛生士等)が、みなさんの指定する場所(市内)へ出向いて、健康に関する講座や測定を行っています。ご希望の場合はお気軽に健康課までご相談ください。

※専門職(保健師・管理栄養士・看護師・歯科衛生士等)を配置している事業所・職場においては、内容によりお受けできない場合があります。まずはご相談ください。

対象

市内に在住、在勤、または、在学する5人以上の方で構成された団体

申込み方法

1.健康出前講座申込書に希望内容をご記入ください。

健康出前講座申込書(PDF:1,054KB)

2.申込書を健康課へご提出ください。(窓口へ持参、TEL/FAX、Eメール)

健康課窓口(1階5番窓口)

TEL:0569-84-0662/FAX:0569-25-2062

Eメール:kenkou@city.handa.lg.jp

3.後日、健康課から代表者の方に日程調整及び内容確認のため、ご連絡をします。

必ずお読みください。

  • 希望日の2か月前までにお申込みください。直近のお申込み又は土日をご希望の場合は、日程変更をお願いする場合がございます。
  • 1施設・団体等で、基本的に年間2回までとさせていただきます。
  • 会場の手配や広報、当日の準備等の全体の運営については、団体様でお願いします。

内容

  • 講座(20~60分まで)
テーマ 内容(例)
季節に流行する病気の予防について 熱中症、食中毒、インフルエンザ感染症、新型コロナウイルス感染症
生活習慣病予防 食事・運動、歯と口の健康、たばこ・お酒、健康診断の見方
こころの健康について 睡眠・休息、ストレス解消(セルフケア)、ゲートキーパー養成講座※1
女性の健康について 女性ホルモンと健康、乳がんセルフチェック、骨粗しょう症、尿漏れ予防
体操 椅子に座ってできる体操、ストレッチ、筋トレ、有酸素運動、ながら体操
その他 肩こり・腰痛、がん予防、認知症、介護予防、もしバナカード※2

※1:大切な職員や周りの人のこころをまもるための講座

※2自分と大切な人が、”もしも”の時の話をするためのゲームを通した講座

 

  • 測定と結果説明(30~90分まで)

 1つあたりの測定時間は。約2~5分/人です。アルコール耐性測定(アルコールパッチ)と噛む力測定(咀嚼力ガム)は、

全員で一斉に実施できます。複数の測定をご希望の場合は、実施内容や時間を踏まえて、調整します。

例)血圧測定(約2分)×10人=20分結果説明10分 合計30分

【からだの健康について】

測定内容
血圧測定(手動自動血圧計)
からだ測定(体組成計:体重、体脂肪、筋肉量等)
握力測定(握力計)※血圧とセットで行います。
反射神経測定(棒反応測定)
アルコール耐性測定(アルコールパッチ)※20名まで
手洗いチェッカー※水道が必要です。
セーフティーウォークナビ(歩き方測定)※10~20mの直線距離が必要です。
口腔機能測定(健口くんパタカラ測定)
噛む力測定(咀嚼力ガム)※20名まで
転倒リスク判定(足招き力測定、片足立ち)
骨密度測定※自己負担金1人2,000円(税抜)、10名~実施可能、2か月前までにお申込みください。

 

【こころの健康について】

測定内容
ストレスチェック(アミラーゼモニター)※20名を超える場合は有料となります。
こころとからだのバランスチェック(自律神経測定)

 

問い合わせ先

下記問い合わせ先もしくは健康課メール kenkou@city.handa.lg.jpまでお問合せください。

その他

健康課の健康出前講座以外に、生涯学習課ではゲストティーチャー制度があります。

ゲストティーチャー制度とは、市民の方が、特技を活かして小中学校、公民館、一般のグループや団体などからの依頼に対し、ボランティア講師として活躍する制度です。詳細はこちらをクリック

よくある質問

お問い合わせ

福祉部健康課 成人保健担当

電話番号:0569-84-0662

ファックス番号:0569-25-2062

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。