ホーム > 文化・スポーツ > 芸術・文化 > 博物館 > 企画展・館蔵品展

更新日:2022年6月14日

ここから本文です。

企画展・館蔵品展

企画展「知多半島の化石」

知多半島南部に広く分布する『師崎層群』という地層からは、今から約1,800万年前に生息していたウニやヒトデ、エビやカニ、そして深海性の魚類など様々な種類の化石がたくさん見つかっています。これらの化石は、他の地域では見られない珍しいものが多く、さらに保存状態が極めて良いことから、世界的に貴重な資料として知られています。令和3年10月には40年ぶりに本格的な発掘調査が行われ、テレビや新聞でも大きく取り上げられました。本展では、師崎層群から見つかった深海生物の化石群を中心に、知多半島の化石や地質について紹介します。

  • 会期:令和4年6月25日(土曜日)~9月4日(日曜日)
  • 休館日:6月27日、7月4日、7月11日、7月19日、7月25日、8月1日、8月8日、8月15日、8月22日、8月29日
  • 会場:展示コーナー(1階)、特別展示室(2階)
  • 協力:東海化石研究会、豊橋市自然史博物館、名古屋大学博物館、西尾市教育委員会、瑞浪市化石博物館(五十音順)

師崎層群発掘調査プロジェクトの成果【1階展示コーナー】

令和3年10月、40年ぶりに本格的な師崎層群深海生物化石の発掘調査が行われ、テレビや新聞でも大きく取り上げられました。本展では、今回の発掘調査で発見された化石や、調査風景の写真パネル等を展示します。

hakkutuhakkutusiryou

知多半島の化石【2階特別展示室】

南知多町や佐久島で発見された師崎層群の化石(ウニ、ヒトデ、魚類など)を中心に、東海層群の植物化石や名古屋港浚渫造成地帯から採集されたカニ類の化石など、知多半島やその周辺で見つかった化石を100点以上展示します。

主な展示資料
  • 師崎層群の化石:ミズノテングエビ、アブラガレイなど
  • 瑞浪層群の化石:ミズナミホタテ、ヨコヤマビカリアなど
  • 東海層群の化石:ドブガイの一種、ササの葉など
  • 野間層の化石:トリガイ、カガミガイ、バカガイなど
  • 名古屋港浚渫造成地帯の化石:イシガニ、マメウニなど
  • 知多半島内で見られる地層など(写真パネル)

gokakuhitodeaburagarei

企画展関連イベント

記念講演会「世界第一級の深海化石発掘調査プロジェクト~師崎層群と東海化石研究会~」

昭和58年11月、東海化石研究会のメンバーにより、南知多町岩屋の農地造成地から大量の化石が発見されました。また、令和3年10月には40年ぶりに師崎層群で本格的な発掘調査が行われ、新たな化石が発見されました。本講演では、当時の発掘の様子や最新の発掘調査の成果について紹介します。

  • 日時:7月2日(土曜日)13時30分~15時00分
  • 講師:水野吉昭(東海化石研究会顧問)
  • 会場:視聴覚室(博物館2階)
  • 対象:一般(小学生以上)
  • 定員:30名(先着順)
  • 申込み:6月11日(土曜日)10時から、電話または博物館窓口へ。定員に達しましたので、受付を終了しました。

コハクを磨いて昆虫を観察しよう!!

サンドペーパーを使ってコハクを磨き、中に入っている昆虫を探します。磨いたコハクは、持ち帰りできます。長年、発掘調査を行ってきた経験豊かな東海化石研究会のメンバーが、コハクの磨き方から顕微鏡を使った観察のポイントまで丁寧に解説します。

  • 日時:7月30日(土曜日)・31日(日曜日)11時00分~11時45分/13時00分~13時45分/14時15分~15時00分
  • 講師:東海化石研究会
  • 会場:第1会議室(博物館2階)
  • 対象:小中学生(小学生は保護者同伴)
  • 定員:各回10名(先着順)
  • 参加費:1セット500円(当日徴収)
  • 申込み:6月11日(土曜日)10時から、電話または博物館窓口へ。定員に達しましたので、受付を終了しました。

博物館講座「化石を発掘しよう!~塩原木の葉化石~」

岩石ブロックを割って、約30万年前の木の葉化石を探します。見つけた化石は、持ち帰りできます。また、当館の学芸員による企画展「知多半島の化石」の展示解説も併せて行います。

  • 日時:7月24日(日曜日)、8月6日(土曜日)13時30分~15時00分
  • 会場:第1会議室(博物館2階)
  • 対象:小学生とその保護者
  • 定員:各回親子で25名(先着順)
  • 参加費:1セット800円(当日徴収)
  • 持ち物:金づち、マイナスドライバー、軍手、筆記用具
  • 申込み:7月9日(土曜日)10時から、電話または博物館窓口へ。

新種の古生物コンテスト~図鑑には載っていない「大昔の生きもの」を考えて応募しよう!~

新種のオリジナル古生物(大昔の生きもの)のイラストを自由に描き、名前や特徴などを考えて応募しよう!

  • 募集期間:6月25日(土曜日)~9月4日(日曜日)
  • 部門:幼児の部/小学生の部/中学生~大人の部
  • 表彰:各部門で最優秀賞1名、優秀賞2名(予定)
  • 発表:館内および博物館ホームページにて発表します(9月下旬頃予定)。
  • 応募方法:会場に設置された応募用紙または下記の応募用紙に必要事項を記入し、博物館までご応募ください。
  • 備考:応募は一人1枚まで。期間中、できる限り応募作品を館内に掲示します。また、ホームページや印刷媒体等で作品を使用する場合があります。応募作品は返却しませんので、ご了承ください。
  • 応募用紙のダウンロード(PDF:276KB)

よくある質問

お問い合わせ

教育委員会半田市立博物館

半田市桐ヶ丘4-209-1

電話番号:0569-23-7173

ファックス番号:0569-23-7174

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。