更新日:2022年4月13日

ここから本文です。

常設展示室2で現在展示中の山車

乙川西山神楽車

常設展示室2にて令和4年6月24日(金曜日)まで乙川西山の神楽車を展示しています。

令和4年6月26日(日曜日)は解体の予定です。2階から解体の様子をご覧になれます。

ここではおうちにいながらでも半田市の山車の魅力をご覧いただけるよう、見どころをピックアップして紹介します。

ぜひ博物館にもご来館いただき、間近で見る本物の山車の迫力を体感してみてください。

神楽車

nishiyama

 

建造 天保年間(1830-1844)
改造 明治43年(1910) 昭和25年(1950)

代表彫刻
蹴込:「司馬温公瓶割の図」
持送り:「鯉の瀧登り」
壇箱:「稲穂に鶴」、「天照大神」、「両妻は神馬」、「獅子神楽」
脇障子:「神功皇后」 「武内宿禰」
前山蟇股:「恵比寿大黒」
太平鰭:「龍と子供」、「命」
前山懸魚:「蛇神鳥」
木鼻 獏

水引幕:「日之出に鶴の刺繍」

 

 

山車彫刻・装飾・からくり人形

彫刻(クリックして詳細ページに移動)

装飾(クリックして詳細ページに移動)

からくり人形(クリックして詳細ページへ移動) 神楽車には「からくり」はありません

おまつりの概要 乙川の祭礼【乙川祭り】

名古屋城築城のおり、乙川村内の浅井川より出た大石を台車で名古屋まで運んだことが起源であるとする伝承があります。また、江戸時代中期の宝暦5年(1755)の「乙川村祭礼山車絵図」にはその当時の様子が、描かれています。平成31年(2019)に「乙川祭礼行事」として市の無形民俗文化財に指定されました。浅井山宮本車、殿海道山源氏車、南山八幡車、西山神楽車の4山(輌)が、昭和54年(1979)に市の有形民俗文化財に指定されています。
 

 


よくある質問

お問い合わせ

教育委員会半田市立博物館

半田市桐ヶ丘4-209-1

電話番号:0569-23-7173

ファックス番号:0569-23-7174

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?