ホーム > 市政情報 > 市長室へようこそ > 過去の市長の動き > 2022年6月(今日の市長の動き)

更新日:2022年7月7日

ここから本文です。

2022年6月(今日の市長の動き)

6月29日 環境大臣表彰受賞伝達式(板山竹炭研究会)

R40629

板山竹炭研究会様が、環境大臣表彰(地域環境美化功労者表彰)を受賞され、伝達式を行いました。

平成12年7月に設立した板山竹炭研究会様は、地域の緑化・浄化と環境美化の普及啓発に多大な貢献をされています。

板山竹炭研究会の皆様、おめでとうございます。

6月20日 エア・リキード半田亀崎水素ステーション開所式

水素

半田市初となる水素ステーションが開所されました。

水素ステーションの運営を通じ、半田市が掲げる「ゼロカーボンシティはんだビジョン」の実現に貢献できるよう期待しています。

6月20日 協定締結式(社会福祉法人半田市社会福祉協議会、半田南ロータリークラブ)

R040620

社会福祉法人半田市社会福祉協議会様、半田南ロータリークラブ様と災害時における相互協力に関する協定を締結しました。

大規模災害発生時に、速やかに災害ボランティアセンターの運営やボランティア活動を行うことが出来るよう協力体制を整えていきます。

6月16日 寄附来訪(ほほえみの会)

R40616

「東日本大震災に被災された子どもたちにほほ笑みを」という思いから設立されたほほえみの会様より、15万円の寄附をいただきました。

長期間にわたり、東北の支援活動に尽力いただきましたが、この度、ほほえみの会様の解散報告を受けました。お疲れ様でした。

いただいた寄附金は、市役所キッズスペースの遊具などの充実を図るため活用させていただきます。

 

6月12日 第67回半田市消防操法大会

R40612

第67回半田市消防操法大会が開催され、半田市消防団15分団18車両が参加し、各操作員の動作、有効放水までの時間、規律厳正度等を競いました。

どのチームも日々の練習の成果を発揮し、優勝された「半田中分団2号車」は8月7日に常滑市で開催される愛知県大会へ出場します。

愛知県大会でも、輝かしい成績が収められるよう頑張ってください。

6月9日 企業版ふるさと納税(株式会社屋根技術研究所)

R406091

株式会社屋根技術研究所様より、「半田運河ベンチ設置事業」のためにご寄付(企業版ふるさと納税)をいただきました。

景観形成重点地区である半田運河周辺に、景観に配慮したベンチを設置することで、来訪者の疲れを癒してくれる休憩スポットを作らせていただきます。

6月9日 寄附贈呈式(半田ロータリークラブ)

R406092

半田ロータリークラブ様より、ポイ捨て禁止啓発看板の寄附をいただきました。

平成27年より寄附をいただいており、今年で8回目の寄附となります。

自宅付近等のポイ捨てで困っている市民の方に、看板をお貸しするなどして活用させていただきます。

6月7日 協定締結式(公益社団法人半田青年会議所)

R40607

半田青年会議所様と市民討議会の制度構築における相互協力に関する協定を締結しました。

無作為で選ばれた市民が地域の課題を討議し、意見を市政に提言する仕組みである「市民討議会」の導入を目指し、今までにない住民参加型の広聴手法にチャレンジしてまいります。

6月3日 寄附来訪(ゆるモルック協会半田支部)

R406031

ゆるモルック協会半田支部様よりスポーツ用具「モルック」をご寄付いただきました。

寄附いただいたモルックは、市民の皆様がスポーツに触れられる機会を創出するために活用させていただきます。

6月2日 寄附贈呈式(半田建設防災協会)

R406022

衣浦みなと祭り花火大会開催のために、半田建設防災協会様より130万円のご寄付をいただきました。

今年は、市制85周年ならびに衣浦港重要港指定65周年を迎えます。

今回いただきました寄附を有効活用し、花火大会を盛り上げてまいります。

6月1日 寄附来訪(半田市立さくら小学校児童会)

R40601

半田市立さくら小学校の児童が、ウクライナ人道危機救援金として募金活動を行いました。

児童たちが自ら考え実行し、「困っている人々の助けになりたい」という想いで集められたものです。

この救援金は、日本赤十字社愛知県支部を通して、ウクライナ侵攻により被害を受けた方々へ届けます。

(副市長 山本卓美)

よくある質問

お問い合わせ

企画部秘書課

電話番号:0569-84-0602

ファックス番号:0569-23-6064

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?