ホーム > 市政情報 > 半田市議会 > 半田市多文化共生社会の推進に関する条例について

更新日:2019年4月9日

ここから本文です。

半田市多文化共生社会の推進に関する条例について

本条例は、平成31年第1回半田市議会定例会で議員提出議案として可決され、平成31年4月1日付けで公布・施行されました。

条例制定の経緯

近年、全国的に技能実習生など、日本に居住する外国人が急増しています。

そこで、半田市議会では、「国際化への対応調査特別委員会」を立ち上げ、半田市に在住する外国人と地域住民が共に暮らしやすいまちづくりを目指して調査を行い、その結果、半田市議会として本条例を議員提出議案で提案することとなりました。

Q&A

そもそも「多文化共生社会」ってなに?

「国籍や民族の異なる人々が、互いの文化の違いを認め合い、対等な関係を築こうとしながら、地域社会の構成員として生きていくこと」の定義のもと、国籍、民族、言語、文化の異なる人でも、地域社会に積極的に進出できる社会を指します。

なぜ、多文化共生の条例が必要なの?

少子高齢化に伴い、労働人口が減少しています。国の方針もあり、それを補うため外国人の受け入れ制度が既に始まり、半田市においてもここ一年で500人近い労働を目的とした外国人が増加しています。その対応のためも、条例により「何を目指し、誰が何をするのか?」を定める必要があります。

条例が施行されると、何が変わるの?

様々な多くの関係者と共に「多文化共生推進プラン」の策定が始まります。そして、半田市や議会に多文化共生の推進のための責務が課されることは勿論のこと、外国人を受け入れている事業者には政策への協力が求められ、地域にお住いの市民の方にも、政策の推進に寄与していただきます。

議員提出議案ってなに?

市長が条例案等の議案を提出する事が通常ですが、議会(議員)から意見書や条例案などの議案が出されることを「議員提出議案」と言います。ちなみに政策提案である条例制定の議員提出議案は、全国的に見ても珍しいです。

条例(案)に対する市民の皆様からの意見募集結果について

条例(案)につきまして、市民の皆様から意見募集を行った結果、多くの方からご意見をいただくことができました。誠にありがとうございました。

皆様からいただいたご意見につきましては、条文作成の参考や、今後の多文化共生社会推進に関する取り組みへとつなげてまいります。

意見募集案件

案件名

半田市多文化共生社会の推進に関する条例

募集期間

平成31年2月6日(水曜日)~2月28日(木曜日)

募集方法

市議会だより・市広報誌及びホームページに掲載するとともに市役所ご意見募集コーナー、市民交流センター、図書館、各公民館、地域ふれあい施設等に資料を置き、意見を募集しました。

提出件数

16件

提出された意見等の要旨および議会の考え方

意見募集の結果(PDF:293KB)

意見の詳細はこちらからご覧いただけます。

資料

半田市多文化共生社会の推進に関する条例(PDF:309KB)

よくある質問

お問い合わせ

市議会事務局議事課

電話番号:0569-84-0694

ファックス番号:0569-24-7185

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。