ホーム > まち・環境 > 下水道 > 助成金・補助金制度 > 水洗便所改造資金融資あっせん制度

更新日:2021年3月31日

ここから本文です。

水洗便所改造資金融資あっせん制度

排水設備工事の費用を一時に負担することが困難な方のために、金融機関から融資を受けられるようあっせんする制度です。

利子は半田市が助成します。(金融機関の審査があり、融資を受けられない場合もあります。)

融資あっせん額・・・54万円以内

利子・・・無利子(市が負担)

返済期間・・・36か月(3年)以内

返済方法・・・36回(3年)以内に分割して毎月返済

融資あっせんの条件

申請者

  1. 市税等及び下水道受益者負担金を滞納していないこと。
  2. 自己資金のみでは、改造資金を一時に負担することが困難であること。
  3. 融資を受けた改造資金の償還能力を有すること。

連帯保証人:一定の収入(年金を含む)があれば、同居の親族も可

連帯保証人の所得証明書及び印鑑登録証明書が必要になります。あらかじめ了承を得ておいてください。

  1. 市内に居住し、独立の生計を営んでいること。
  2. 市税等の滞納がないこと。
  3. 弁済の資力を有すること。

必要となる書類

必要書類

入手先

使用目的

融資あっせん申込書

1通

指定工事店

市への申込み

本人の印鑑登録証明書

1通又は2通

市民課

金融機関との契約

連帯保証人の印鑑登録証明書

2通

市民課

市への申込み

金融機関との契約

本人の所得証明書

1通

税務課

金融機関との契約

連帯保証人の所得証明書

1通

税務課

金融機関との契約

本人の市税納税証明書(申込者が市外在住の場合のみ)

1通

各市町村の担当窓口

市への申込み

 

手数料:印鑑登録証明書1通200円、所得証明書1通200円、市税納税証明書各市町村により異なる

その他

借用証書に必要な印紙代は、下表のとおりです。

10万円以下 200円
10万円を超え50万円以下 400円
50万円を超え100万円以下 1000円
100万円を超え500万円以下 2000円

金融機関によっては、融資取引約定書の印紙代(4,000円)が必要となります。

取扱金融機関

知多信用金庫 半田信用金庫 あいち知多農業協同組合
名古屋銀行 愛知銀行 中京銀行
十六銀行 大垣共立銀行 岡崎信用金庫
碧南信用金庫 西尾信用金庫

東海労働金庫

上記金融機関の半田市内にある本・支店に限ります。

三菱東京UFJ銀行はお取り扱いがございませんので、ご注意ください。

融資あっせんの手続き

融資あっせんを希望される方は、指定工事店へご相談ください。

融資あっせんの申込みは、排水設備工事に係る申請とともに指定工事店より市役所へ行います。(ご本人様が市役所にお越しいただく必要はございません。)

よくある質問

お問い合わせ

下水道事業水道部下水道課 計画担当

電話番号:0569-84-0675

ファックス番号:0569-26-4074

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?