ホーム > まち・環境 > 下水道 > マンホールカード情報(予定枚数の配布は終了しました)

更新日:2019年6月3日

ここから本文です。

マンホールカード情報(予定枚数の配布は終了しました)

半田市の「マンホールカード」について

マンホールカードとは

マンホールカードとは、全国各地でデザインの異なるマンホールの蓋をモチーフに作られたコレクションカードです。各自治体にゆかりのあるものがデザインされており、その土地に足を運ぶことで、1人1枚無料でもらえます。マンホールカードは、平成28年4月にシリーズ第1弾がスタートし、第9弾(平成30年12月14日配布開始)において、半田市のマンホールカードも仲間入りしました。平成31年4月17日現在、窓口での配布は終了していますが、新着情報がありましたら、このホームページにてお知らせします。

全国のマンホールカード配布場所などの詳しい情報は、下水道広報プラットホーム(外部サイトへリンク)のホームページをご覧ください。

半田市のマンホールのデザインなど

半田市のカードのマンホール蓋は、市の木「黒まつ」と市の花「サツキ」がデザインされており、市内各地で汚水マンホールの蓋として使われています。このデザインは、半田市が下水道汚水整備事業に着手した1986年に「市民に親しまれる下水道」を目指すため、広く公募を行い、選ばれました。マンホール蓋が設置されるようになって30年余、今ではすっかり街の風景に溶け込んでいますが、半田市のマンホールカードの誕生をきっかけに、デザインの由来や、下水道の役割などにも改めて興味を持って頂ければと思い、作成しました。

半田のマンホールカード

位置座標

マンホールカード表面の左下に書かれているのは位置座標です。この場所は、Googleマップなどで確認できます。(当ページの下方にもリンクがありますので、お使いください。)

下の写真は、マンホールから東側(源兵橋とその先の半田市役所)、西側(JR半田駅からの道)、南側(ミツカンミュージアム)、北側(半田運河上流)を見た写真です。

東西南北

このデザインマンホールが設置されている半田運河、蔵の街エリアは、酒の文化館や半六庭園なども近くにあり、江戸時代から海運で栄えた半田の面影を今に伝えています。

詳しくは、半田市観光ガイド(外部サイトへリンク)のホームページもご覧ください。

配布について

平成30年12月14日(金曜日)8時30分配布開始

平成31年4月17日現在、配布を終了しています。

配布場所

開庁時

半田市役所2階水道部下水道課

午前8時30分から午後5時15分まで(土日祝日、年末年始を除く)

閉庁時

半田市役所1階宿日直室(時間外窓口よりお入りください)

配布方法

来庁された方に1人1枚無料で配布します。事前予約や郵送での配布は行いません。

(配布を希望された方には簡単なアンケートのご記入をお願いしています。)

予定枚数を配布次第、終了となります。

マンホールカード在庫(現在、在庫はありません)

4月17日現在、予定枚数の配布は終了ししたため、配布を終了させていただいております。

イベント配布情報

イベント配布情報はありません。

地図情報

Googleマップを開く(外部サイトへリンク)

よくある質問

お問い合わせ

下水道事業水道部下水道課

電話番号:0569-84-0675、0676

ファックス番号:0569-26-4074

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?