ホーム > まち・環境 > 交通 > 道路・水路 > 占用料及び使用料の改定について

更新日:2019年3月26日

ここから本文です。

占用料及び使用料の改定について

 半田市では、「半田市道路占用料条例」及び「半田市水路等の管理に関する条例」の一部改正に伴い、平成31年4月1日から道路占用料及び水路等使用料(以下、「料金」という。)を改定します。

 改定後の料金の額については、下記「新旧対照表」のとおりです。

 なお、今回の改定により増額となる料金については、占用者及び使用者の急激な負担とならないよう経過措置を適用します。
 経過措置とは、平成31年3月31日までに許可され、平成31年4月1日以後も継続される物件の料金については、各年度の物件ごとの前年度比20パーセント増を限度とするものです。
 ただし、平成31年4月1日以後に許可を受けた場合は、経過措置は適用されず、改定後の料金がかかります。

経過措置 計算例(第一種電柱)

 平成31年3月31日までに許可を受け、改定前占用料830円、改定後占用料1,100円の場合

 

   平成30年度         平成31年度          平成32年度
占用料 830円

占用料 830円×1.2=996円

 → 996円

占用料 996円×1.2=1,195円

 → 1,100円

 

 よって、平成30年度の占用料が830円であった場合、平成31年度は占用料996円、平成32年度は占用料1,100円となります。

新旧対照表

道路占用料新旧対照表(PDF:99KB)

水路等使用料新旧対照表(PDF:98KB)

よくある質問

お問い合わせ

建設部土木課

電話番号:0569-84-0668

ファックス番号:0569-23-6061

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。