ホーム > まち・環境 > ごみ・リサイクル > 生ごみの堆肥化 > 消滅型生ごみ処理機の使い方

更新日:2020年5月28日

ここから本文です。

消滅型生ごみ処理機の使い方

消滅型生ごみ処理機に入れた生ごみが「消滅」するのは、酵素の働きによるものです。
有機物である生ごみは全て、水と炭酸ガスに分解・消滅します。分解中に臭いも出ません。

半田市では生ごみ処理機や堆肥化容器などを購入していただいた方に補助金を交付しています。詳細はこちらへ。

使用方法

1.室内やベランダに処理機を設置します。

2.酵素を入れ、生ごみを処理機に投入します。細かい生ゴミほど早く分解されます。

3.一日約1~3回かきまぜます。

4.分解されやすい生ごみから消滅していきます。

5.後日、2~4を繰り返します。

酵素

消滅型生ごみ処理機(例)

よくある質問

お問い合わせ

市民経済部クリーンセンター ごみ減量担当

半田市乙川末広町50

電話番号:0569-23-3567

ファックス番号:0569-21-6405

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?