更新日:2021年9月3日

ここから本文です。

生ごみ処理機の使い方

生ごみを水切りして処理機に入れ、減量・堆肥化します。取り出した生成物(堆肥)は植木や草花の肥料として利用できます。

半田市では生ごみ処理機や堆肥化容器などを購入していただいた方に補助金を交付しています。詳細はこちらへ。

生ごみ処理機・補助制度の案内動画を配信中!

生ごみ処理機の使い方やメリット、補助制度の案内をまとめた動画を配信しています。

購入をご検討されている方は是非ご覧ください。

生ごみ処理機を使うメリット

家庭で生ごみ処理機を使用することで、生ごみが匂わなくなったり、ごみが軽くなることで日々のごみ出しが楽になります。

また、生ごみの重量が軽くなることでごみ処理に係る環境負荷を低減することもできます。

利用者アンケート

使用方法

  1. 処理機に生ごみを投入します。(よく水切りをしてください。)
  2. ふたをして、運転を開始してください。(手動式の場合はハンドルを回してください。)
  3. 運転が終了したらふたを開けてください。生ごみが乾燥して、容積が小さくなり、重量も軽くなっています。
  4. 乾燥した生ごみは堆肥としても利用できます。

(機種によって、使用方法が異なります。使用説明書をご確認ください。)

様々な種類の生ごみ処理機があります

家電量販店などで生ごみ処理機が販売されています。

様々な種類のものがあるので、生活スタイルにあった生ごみ処理機を選んでください。

生ごみ処理機の例2生ごみ処理機の例1

生ごみ処理機の例

お問い合わせ

市民経済部クリーンセンター ごみ減量担当

半田市乙川末広町50

電話番号:0569-23-3567

ファックス番号:0569-21-6405

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?