ホーム > まち・環境 > ごみ・リサイクル > 収集 > プラスチック製容器包装の出し方

更新日:2023年7月28日

ここから本文です。

プラスチック製容器包装の出し方

プラ製容器包装

  • 収集曜日の朝8時までに出してください。
  • 半田市指定資源回収袋(白色)に入れて出してください。
  • トレー・発泡スチロールは、プラスチック製容器包装として出してください。
  • 洗っても汚れが落ちなかったものは、燃やせるごみとして出してください。

出せるもの(例)

商品が入ってたプラスチック製の「容器」や「包装」が対象です。

中身を空にして、軽く洗って出してください。

例えば、次のようなものです。

  • カップ・パック類
  • チューブ類
  • フタ
  • ペットボトルのラベル
  • ボトル類
  • トレイ類
  • 発泡スチロールなどの容器・緩衝材

出せないもの

おもちゃ、バケツ、タッパー、ハンガーなどのプラスチック製品をごみステーションに出す場合は、燃やせるごみになります。

直接、リサイクルセンターに持ち込むと資源化できる硬質プラスチック製品もあります。

硬質プラ

プラマークがなく、キャッシュカード程度の厚さと硬さがある硬質プラスチック製品が対象です。

汚れたものや、プラスチック以外の異素材が含まれているものは対象外です。

異素材を取り除けば持ち込みできます。

具体的には次のようなものです。

  • 衣装ケース
  • バケツ
  • せんたくかご
  • ハンガー
  • 手おけ
  • じょうろ
  • ボウル・ざる
  • おもちゃ
  • CDケース
    ただし、CD・DVD・ブルーレイディスクは燃やせるごみです。

電気・電池を使うものは、小型家電です。

半田市から排出されるプラスチックのリサイクル

市民の皆さんが、分別排出していただいているプラスチック製容器包装は、様々な製品に生まれ変わり、私たちの身の回りで再び役立てられています。

どんなものにリサイクルされているかは、日本容器包装リサイクル協会ホームページ(外部サイトへリンク)でも紹介されていますので、是非ご確認ください。

今後も、ごみ減量と環境保全のため、プラスチック製容器包装の分別の徹底にご協力をお願いします。

 

お問い合わせ

市民経済部環境課 ごみ減量担当

電話番号:0569-23-3567

ファックス番号:0569-21-6405

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?