ホーム > まち・環境 > ごみ・リサイクル > 収集 > プラスチック製容器包装の出し方

更新日:2018年12月13日

ここから本文です。

プラスチック製容器包装の出し方

出し方について

  • 収集曜日の朝8時までに出してください。
  • トレー・発泡スチロールは、プラスチック製容器包装として出してください。
  • 洗っても汚れが落ちなかったものは、燃やせるごみとして出してください。

purasutikku

どんなものがプラスチック製容器包装なの?

プラスチック製容器かどうか判断するのに困ることがあるかと思います。

そのような場合は、以下の2点を基準に判断してください。

プラスチック製容器包装の判断基準

  • 商品を包む「容器」「包装」であること

商品そのものではなく、商品を包むためにあるものが該当します。

  • 商品を消費したら「必要なくなるもの」であること

商品を使い終わったら、食べ終わったら、必要なくなるもの(捨てるもの)が該当します。

プラスチック製容器包装ではないもの

以下のようなものは、プラスチック製容器包装には該当しませんのでご注意ください。

  • プラスチック製の「製品そのもの」

例…おもちゃ、洗面器、ハンガー、ジッパー袋など

  • 商品に付属するもの(容器・包装以外のもの)

例:…スプーン、ストローなど

半田市指定資源回収袋を使ってください!

ごみステーションに出す際は、以下画像の半田市指定資源袋に入れて出してください。

他の袋に入れられたものは回収しません。

shigenbukuro

詳しいごみの正しい出し方はこちらをクリックしてください。

半田市から排出されるプラスチックのリサイクル

市民の皆さんが、分別排出していただいているプラスチック製容器包装は、
様々な製品に生まれ変わり、私たちの身の回りで再び役立てられています。

どんなものにリサイクルされているかは、日本容器包装リサイクル協会ホームページ(外部サイトへリンク)でも紹介されていますので、是非ご確認ください。
今後も、ごみ減量と環境保全のため、プラスチック製容器包装の分別の徹底にご協力をお願いします。

お問い合わせ

市民経済部クリーンセンター ごみ減量担当

半田市乙川末広町50

電話番号:0569-23-3567

ファックス番号:0569-21-6405

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?