ホーム > まち・環境 > ごみ・リサイクル > 収集 > 燃やせるごみの出し方

更新日:2023年7月28日

ここから本文です。

燃やせるごみの出し方

  • 燃やせるごみ収集曜日の朝8時までに出してください。(前日の夜には出さないでください)
  • 半田市指定ごみ袋(グリーン)に入れて出してください。
  • 生ごみ堆肥化容器等を利用し、生ごみの減量・リサイクルにご協力お願いします。
  • 紙類は「紙製容器包装・その他紙類」の日に出すことができます。分別してごみ減量にご協力ください。
  • 令和4年度から、CD・おもちゃなどプラスチック製品は、燃やせるごみに変わりました。
    また、リサイクルセンターへ直接搬入する場合は、資源として取り扱うため、無料となります。

燃やせるごみ

出せるもの(例)

  • 生ごみ
  • 汚れた紙類・布類
  • 木・皮・ゴム
  • かばん・靴
  • CD・おもちゃなどプラスチック製品
    リサイクルセンターへ直接搬入する場合は、資源としてリサイクルするため無料です。
  • 刈草・剪定枝
    リサイクルセンターへ直接搬入する場合は、資源としてリサイクルするため無料です。

剪定枝(直径5cm未満)、竹の出し方

ごみステーションに出す場合は燃やせるごみ収集曜日に、長さ60cm以下、幅40cm以下にして半田市指定ごみ袋(グリーン)の大サイズを巻き付けて、紐で縛って出してください。

燃やせるごみ2

剪定枝、竹はリサイクルセンターや公共資源回収ステーションへ直接持ち込んだ場合は、資源化できるため、手数料は不要です。

資源化にご協力をお願いいたします。

布団・毛布の出し方

ごみステーションに出す場合は燃やせるごみ収集曜日に、布団・毛布を1枚ごとに折りたたんで半田市指定ごみ袋(グリーン)の大サイズを巻き付けて、紐で縛って出してください。

燃やせるごみ3

紙おむつの出し方

紙おむつは透明・半透明の袋に入れて、袋にペンで「おむつ」と記載するなど中身を分かるようにしたうえで、燃やせるごみの収集曜日にごみステーションに出すことができます。

紙おむつの出し方

 

お問い合わせ

市民経済部環境課 ごみ減量担当

電話番号:0569-23-3567

ファックス番号:0569-21-6405

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?