ホーム > まち・環境 > ごみ・リサイクル > 収集 > 燃やせないごみの出し方

更新日:2023年7月28日

ここから本文です。

燃やせないごみの出し方

  • 燃やせないごみ収集曜日の朝8時までに出してください。
  • 半田市指定ごみ袋(グレー)に入れて出してください。
  • 令和4年度から、金属類をリサイクルセンターへ直接搬入する場合は、資源として取り扱うため、無料となります。

燃やせないごみ

出せるもの(例)

  • 陶磁器
  • ガラス
  • 刃物
    刃を保護してください。
  • 金属類
    リサイクルセンターへ直接搬入する場合は無料です。

出せないもの

蛍光管は水銀を含んでるため、割らずにリサイクルセンターに直接持ち込んでください。

電球やLED蛍光管は水銀を含まないため、燃やせないごみとしてごみステーションに出すことができます。

蛍光管

発火性危険ごみ(スプレー缶・ライター等)

発火性危険ごみとは、カセット式ガスボンベ、スプレー缶、使い捨てライター等の発火性のあるごみのことです。

中身を使い切って、穴をあけずに透明・半透明の袋に入れ、「発火性危険ごみ分別シール」を貼って燃やせないごみの日に出してください。

指定ごみ袋ではない袋で出すことができます。

発火性危険ごみ

剪定枝(直径5cm以上20cm未満)の出し方

ごみステーションに出す場合は燃やせないごみの収集曜日に、長さ1m以下、幅40cm以下にして、半田市指定ごみ袋(グレー)の大サイズを巻き付けて、紐で縛って出してください。

剪定枝(不燃)

剪定枝、竹はリサイクルセンターや公共資源回収ステーションへ直接持ち込んだ場合は、資源化できるため、手数料は不要です。

資源化にご協力をお願いいたします。

 

よくある質問

お問い合わせ

市民経済部環境課 ごみ減量担当

電話番号:0569-23-3567

ファックス番号:0569-21-6405

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?