ホーム > 健康・福祉 > 福祉 > 障がい者・(児)福祉 > 各種助成制度 > 有料道路等通行料金割引制度について

更新日:2019年5月27日

ここから本文です。

有料道路等通行料金割引制度について

「有料道路通行料金割引制度」があります

各日本高速道路株式会社、愛知県道路公社及び名古屋高速道路公社が管理する有料道路において、身体障がい者が自ら自動車を運転する場合、又は重度の身体障がい者もしくは重度の知的障がい者を乗せて、その者のために介護者が自動車を運転して利用する場合に、通行料金の割引(約50%)が受けられる申請等受付事務を行います。

(営業用車両、物品積載専用車両、レンタカー等を除く)

対象になる方

1.障がい者本人が運転される場合

身体障がい者手帳の交付を受けているすべての方

2.障がい者本人以外の方が運転し、障がい者本人が同乗する場合

身体障がい者手帳1種の方または療育手帳A判定の方

ETCをご利用にならない場合

《申請に必要なもの》

  • 登録する車の車検証
  • 運転免許証(障がい者ご本人が運転される場合のみ)
  • 身体障がい者手帳もしくは療育手帳

《ご利用方法》

料金支払い時に、料金所係員が手帳の記載事項を確認しますので、必要事項が記載されたページを開いて手帳を提示いただくか、係員に手帳をお渡しください。

ETCを利用する場合

事前にクレジットカード会社でETCカード(原則本人名義)を取得し、車載器を取り付けた後に申請を行ってください。

《申請に必要なもの》

  • 登録する車の車検証
  • 運転される方の免許証(障がい者ご本人が運転される場合のみ)
  • 身体障がい者手帳もしくは療育手帳
  • ETCカード(障がい者ご本人名義のもの)
  • 車載器の管理番号が確認ができるもの(ETC車載器セットアップ申込書・証明書等)

《ご利用方法》

発行された「ETC利用対象者証明書」を同時に窓口で渡される封筒に入れ、切手を貼り、ポストに投函してください。後日、ETCでのご利用が可能となる日が書面で連絡されます。

注意事項

  • 対象は車検証所有者欄が個人名義のものに限りますが、ローンまたは長期リースの場合であって、代金支払債務が残っている場合に限り対象となります。その場合は申請の際に割賦契約書またはリース契約書を提示してください。
  • 割引には有効期間があります。

新規及び変更の申請時においては、その手続きの終了した日からその後の2回目の誕生日までとなります。

更新の申請時(割引有効期限の2か月前から割引有効期限の前日における申請)においては、その手続きを終了した日からその後の3回目の誕生日(最長2年2か月)までとなります。

よくある質問

お問い合わせ

福祉部地域福祉課 障がい者援護担当

電話番号:0569-84-0643

ファックス番号:0569-22-2904

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?