ホーム > 健康・福祉 > 福祉 > 障がい者・(児)福祉 > 各種助成制度 > 特別障がい者手当等について

更新日:2019年5月27日

ここから本文です。

特別障がい者手当等について

在宅の特別障がい者に対して、障がいゆえに生じる負担の一助として手当を支給する国の制度です。

障がいの程度により、愛知県からの加算があります。

支給対象者

在宅で生活されている心身障がいのある方が支給対象です。

注意事項
  • 本人及び配偶者・扶養義務者の所得額で支給制限があります。
  • 長期入院(3か月以上継続)をしている人は対象外となります。(特別障がい者手当のみ)
  • 施設入所者(障がい者向けの入所施設や特別養護老人ホーム等)は対象外となります。入所施設の種別により異なりますので、お問い合わせください。

支給額

手当の額は、全国消費者物価指数の変動等により、変わることがあります。

  • A種とは・・・身体障がい者手帳1~2級かつ知能指数35以下(A判定)の合併の方
  • B種とは・・・身体障がい者手帳1~2級又は知能指数35以下(A判定)の方
特別障がい者手当等の一覧
支給対象者 加算手当(県) 手当(国) 手当総額(国+県)

特別障がい者手当

(20歳以上で精神または身体の重度の障がいにより日常生活に

おいて常時特別の介護を要する在宅の方)

A種

6,850円

27,200円

34,050円

特別障がい者手当

(20歳以上で精神または身体の重度の障がいにより日常生活に

おいて常時特別の介護を要する在宅の方)

B種

1,050円

27,200円

28,250円

障がい児福祉手当

(20歳未満で常時介護を必要とする重度障がいの児童)

A種

6,900円

14,790円

21,690円

障がい児福祉手当

(20歳未満で常時介護を必要とする重度障がいの児童)

B種

1,150円

14,790円

15,940円

経過的福祉手当

(昭和61年3月まで福祉手当の受給者であって、特別障がい者手当に

該当せず、かつ障がい基礎年金も支給されない方)

A種

6,900円

14,790円

21,690円

経過的福祉手当

(昭和61年3月まで福祉手当の受給者であって、特別障がい者手当に

該当せず、かつ障がい基礎年金も支給されない方)

B種

1,150円

14,790円

15,940円

 

支給方法

  • 本人名義の口座への振り込みにより支給します。
  • 毎年、5月・8月・11月・2月の各月10日に、前3か月分を支給します。
  • 10日が金融機関休業日の場合は、前営業日に支給します。

申請方法

申請される際には、次のものをお持ちください。

  • 診断書(ただし、障がい者手帳の写しにより省略できる場合があります。)
  • 障がい年金等の種類と番号、金額のわかるもの。(通知はがきまたは証書と振り込みが確認できる通帳。)
  • 振込先希望口座の通帳の写し(受給者本人のもの。ただし、障がい児福祉手当は児童名義のもの。)
  • 認印(スタンプ印は不可)
  • 個人番号(マイナンバー)の確認できるもの。(受給者本人と配偶者、扶養義務者分)

よくある質問

お問い合わせ

福祉部地域福祉課 障がい者援護担当

電話番号:0569-84-0643

ファックス番号:0569-22-2904

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?