ホーム > 健康・福祉 > 福祉 > 障がい者・(児)福祉 > 各種助成制度 > 半田市心身障がい者手当について

更新日:2019年7月3日

ここから本文です。

半田市心身障がい者手当について

半田市では、在宅で暮らされている心身障がいのある方へ、心身障がい者手当を支給します。

支給対象者

在宅で生活されている心身障がいのある方が支給対象です。

ただし、手当の支給にあたっては、受給者本人の課税総所得額で支給制限があります。

また、障がい者向け入所施設や特別養護老人ホームなどに入所されている場合、手当は支給されません。

入所施設の種別により異なりますので、詳しくは地域福祉課へお問い合わせください。

手当の金額

障がいの程度による手当金額は次のとおりです。

障がい区分 障がいの程度 手当金額(月額)
身体障がい者(児) 身体障がい者手帳1~3級 5,000円
身体障がい者手帳4級 2,700円
身体障がい者手帳5~6級 1,300円
知的障がい者(児) IQ35以下(療育手帳A判定) 5,700円
IQ36以上50以下(療育手帳B判定)の児 5,700円
IQ36以上50以下(療育手帳B判定)の者 5,000円
IQ50以上75以下(療育手帳C判定) 1,300円
重度心身障がい児

身体障がい者手帳1~2級であり、

IQ50以下(療育手帳A~B判定)の児

14,000円
精神障がい者(児) 精神障がい者保健福祉手帳1級 5,000円
精神障がい者保健福祉手帳2級 1,700円
精神障がい者保健福祉手帳3級 1,300円

なお、表中の「児」は18歳未満の方を指します。

支給方法

本人名義の口座への振り込みにより支給します。

毎年、4月・8月・12月の各月20日に、前4か月分を支給します。

20日が金融機関休業日の場合は、前営業日に支給します。

申請方法

次の場合、申請手続きが必要です。

手帳を取得された場合・半田市外から転入された場合

手続きに必要なもの

  • 心身障がい者手当認定申請書
  • 認印
    スタンプ印は不可
  • 通帳の写しなど、振込口座の確認できるもの
    ただし、口座名義がご本人のものに限ります。
  • 個人番号(マイナンバー)の確認できるもの
    半田市外から転入された場合のみ必要です。

申請のあった翌月から、手当の支給対象となります。

心身障がい者手当認定・却下(額改定)通知書が届きますので、記載されている支給開始年月日と手当月額を確認してください。

所得の確認について

受給者本人の課税総所得が360万4千円以上の場合、受給資格は認定されますが、所得制限により支給停止となります。

平成30年8月から令和元年7月分の手当は、平成29年中の所得を確認します。

令和元年8月から令和2年7月分の手当は、平成30年中の所得を確認します。

障がいの程度が変わった場合

手帳の等級の変更により手当金額が変わる場合、申請手続きが必要です。

手続きに必要なもの

  • 心身障がい者手当認定申請書
  • 認印
    スタンプ印は不可

障がい程度に該当しなくなった場合、喪失手続きが必要です。

手続きに必要なもの

  • 心身障がい者手当資格喪失届
  • 認印
    スタンプ印は不可

受給資格者の住所・氏名・振込先口座を変える場合

半田市内で転居された場合や、氏名・振込先口座に変更がある場合、申請手続きが必要です。

  • 半田市心身障がい者手当変更届
  • 認印
    スタンプ印は不可

半田市外へ転出された場合・施設へ入所された場合

手続きに必要なもの

  • 心身障がい者手当資格喪失届
  • 認印
    スタンプ印は不可
  • 通帳の写しなど、振込口座の確認できるもの
    ただし、口座名義がご本人のものに限ります。

受給資格者が亡くなった場合

手続きに必要なもの

  • 心身障がい者手当資格喪失届
  • 届出人となる方の認印
    スタンプ印は不可
  • 通帳の写しなど、振込口座の確認できるもの
    未払い分の手当を受け取られるご親族様名義のもの

未払い手当がある場合、届出のあった口座へ振り込みにより支給します。

よくある質問

お問い合わせ

福祉部地域福祉課 障がい者援護担当

電話番号:0569-84-0643

ファックス番号:0569-22-2904

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?