ホーム > 健康・福祉 > 福祉 > 障がい者・(児)福祉 > 障がい福祉事業・サービス > 精神障がい者保健福祉手帳について

更新日:2019年7月3日

ここから本文です。

精神障がい者保健福祉手帳について

精神障がい者保健福祉手帳とは、精神障がいのために、長期にわたり日常生活または社会生活への制約のある方を対象として、愛知県知事が交付します。

有効期間は2年間です。

手帳を取得することで、障がい福祉サービスの支給、各種手当の給付、税の減免、その他各種補助制度の対象となります。

申請から交付までの流れ

  1. 医師に診断書を作成してもらいます。
    または、障がい年金の年金証書を準備します。
  2. 上記1と認印・写真を市役所地域福祉課窓口に持参します。
  3. 地域福祉課窓口にて交付申請書を記入します。
  4. 半田市から愛知県精神保健福祉センターに関係書類を送り、センターで審査が行われます。
  5. 手帳が交付されると、市役所から通知が届きます。
    お手数ですが、地域福祉課窓口まで受取りにお越しください。

申請に必要なもの

  • 精神障がい者保健福祉手帳交付申請書
  • 診断書(初診日から6か月以上経過し、3か月以内に記載された精神障がい者保健福祉手帳用のもの)
    または
    障がい年金の年金証書などの写し
    年金証書による申請の場合、併せて年金振込通知や直近の振込が確認できる通帳の写しが必要です。
  • 同意書
    年金証書による申請の場合のみ必要です。
  • 認印
  • 顔写真(縦4cm×横3cm)
    ポラロイドやデジタルカメラで撮影し、薄い紙にプリントアウトしたものは、不可
  • 個人番号(マイナンバー)を証明する書類
    個人番号カード・通知カード・個人番号記載の住民票など

申請書類様式

精神障がい者保健福祉手帳交付申請書(PDF:40KB)

精神障がい者保健福祉手帳診断書(PDF:104KB)

精神障がい者保健福祉手帳同意書(障がい年金での申請のみ必要)(PDF:22KB)

手帳の再交付

手帳をなくしてしまった場合や、汚れてしまった場合、手帳の再交付手続きを行うことができます。

市役所地域福祉課窓口に、再交付申請書をご提出ください。

再交付申請に必要なもの

  • 再交付申請書
  • 認印
  • 顔写真1枚(たて4cm×横3cm)
    ポラロイドやデジタルカメラで撮影し、薄い紙にプリントアウトしたものは、不可

よくある質問

お問い合わせ

福祉部地域福祉課 障がい者援護担当

電話番号:0569-84-0641

ファックス番号:0569-22-2904

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。