ホーム > 健康・福祉 > 福祉 > 障がい者・(児)福祉 > 障がい福祉事業・サービス > 障がいのある方の日常生活用具給付事業について

更新日:2019年7月1日

ここから本文です。

障がいのある方の日常生活用具給付事業について

障がいのある方について、日常生活や社会活動を容易にするための日常生活用具の給付を行います。

半田市障がい者日常生活用具給付事業実施要綱(PDF:344KB)

用具の種目・対象となる障がいの程度

障がい者日常生活用具給付種目等(PDF:238KB)

障がい者日常生活用具給付種目等(難病患者)(PDF:114KB)

申請方法

用具の給付を希望される方は、必要書類を地域福祉課へ提出します。

給付が認められた場合、購入のために必要な給付券を発行します。

申請から給付の決定までに、おおむね2週間程度かかります。

用具の種類に応じた必要書類は次のとおりです。

注意事項

基準額を超えた場合や、世帯の課税状況によって自己負担額が生じます。

半田市外から転入された場合、給付の決定のために課税所得証明書等の提出を依頼します。

また、用具によっては耐用年数(更新年数)が設けられているため、同一の用具についての給付を希望する場合、事前にご相談ください。

排泄管理支援用具(ストマ用装具、紙おむつ等)

ストマ用装具等の申請は、次の書類をご提出ください。

ただし、紙おむつ等の給付を初めて申請する場合、医師の意見書が必要です。

備考

給付券1枚で最大2か月分を給付対象として認めます。

また、1枚の申請書で3枚の給付券(6か月分)の交付を受けることができます。

ストマ用装具等は、給付を希望する月の原則20日までに申請書類をご提出ください。

自立生活支援用具

自立生活支援用具の申請は、次の書類をご提出ください。

  • 申請書(PDF:49KB)
  • 業者が作成した見積書
  • 給付を希望する用具の詳細が確認できるカタログ等

ただし、知的障がい(療育手帳B・C判定)または精神障がいの方が頭部保護帽の給付を申請する場合、頻繁に転倒することを確認するため、医師の意見書が必要です。

在宅療養等支援用具

在宅療養等支援用具の申請は、次の書類をご提出ください。

  • 申請書(PDF:49KB)
  • 業者が作成した見積書
  • 給付を希望する用具の詳細が確認できるカタログ等

ただし、呼吸器機能障がい以外の方がネブライザー、電気式たん吸引器、ネブライザー付き電気式たん吸引器の給付を申請する場合、医師の意見書が必要です。

住宅改修費

住宅改修における居室生活動作補助用具の申請は、次の書類をご提出ください。

備考

住宅改修は、対象者が現に居住する住宅について行うことができます。

ただし、介護保険法に規定する住宅改修を利用できる方は本事業の対象とはなりません。

上記以外の用具

上記以外の申請は、次の書類をご提出ください。

  • 申請書(PDF:49KB)
  • 業者が作成した見積書
  • 給付を希望する用具の詳細が確認できるカタログ等

よくある質問

お問い合わせ

福祉部地域福祉課 障がい者援護担当

電話番号:0569-84-0643

ファックス番号:0569-22-2904

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。