ホーム > 健康・福祉 > 福祉 > ふくし井戸端会議 > ふくし井戸端会議について

更新日:2021年3月5日

ここから本文です。

ふくし井戸端会議について

ふくし井戸端会議ってなに?

平成22年4月に策定された半田市地域福祉計画の理念である、「何でも相談できる人がいること」・「身近に集える場所があること」・「困ったときに支え合うしくみがあること」の実現を目指し、平成22年度からふくし井戸端会議を開催しています。

このふくし井戸端会議では、自分・家族が困っていることや、近所で気になっていることなどを、地域にお住まいの方・社会福祉協議会・市の職員など、いろいろな立場の人が一緒になって気付き、話し合い、解決に向けて行動していきます。

また、地域で新たなサロンを開いたり、ボランティアグループを作ったり…地域の様々な活動をふくし井戸端会議で共有することで、新たな居場所や活動場所を発見するきっかけとなります。

「参加してみたいな」・「自分の地域で話し合ってみたい困りごとがある」という方は気軽にご相談ください。

例えばどんなことを話すの?

  • 「お隣の家のおばあちゃん、足腰が弱ってきて、蛍光灯を交換できずに困っているみたい…」
    ⇒「じゃあ、空いている時間にお手伝いをしに行こうかな!」
  • 「うちのおじいちゃん、認知症で最近は徘徊もするようになって…」
    ⇒「ご近所さんに、外で見かけたら連絡してくれるように頼んでみたらどう?」
  • 「最近、近所にお茶しながら楽しくおしゃべりもできるサロンができて、だれでも参加できるらしいよ!」
    ⇒「へぇ~。最近、家に閉じこもりがちだし、ちょっと顔を出してみようかな…」

これがふくし井戸端会議!という決まりはなく、色んな形態で開催されています。
あなたもフラっとお気軽に!ふくし井戸端会議に参加してみませんか?ふくし井戸端会議

今までの開催内容について

ふくし井戸端会議でどのようなことを話し合ったのか、小学校区ごとにまとめたダイジェストを作成しています。
詳細は、各小学校区ページをご覧ください。

よくある質問

お問い合わせ

福祉部地域福祉課

電話番号:0569-84-0641

ファックス番号:0569-22-2904

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?