ホーム > 健康・福祉 > 福祉 > 福祉に関する施策・計画 > 「障害」の表記について

更新日:2019年9月12日

ここから本文です。

「障害」の表記について

「障がい」表記に改めます

これまでは、障がいのある方を「障害者」など漢字の「害」の字を使用してきましたが、平成20年12月市議会において「半田市障がい表記使用の特例を定める条例」が議決されたことにより、今後は「障害」表記を改め、「障がい」表記を使用します。

これは一般的に漢字の「害」の字には、「傷つける」や「災い」など、否定的な意味が含まれているため、障がい当事者の人権を配慮する観点から、ひらがな表記へ改めるものです。

市民の皆様のご理解をお願いします。

実施内容

半田市の広報、看板、申請書などにおいて、人の状態を表すものについて「障がい」表記を使用します。

ただし、物の状態を表す場合や、国や県で定められた申請書や通知書などについては「障害」表記となります。

よくある質問

お問い合わせ

福祉部地域福祉課 障がい者援護担当

電話番号:0569-84-0643

ファックス番号:0569-22-2904

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?