ホーム > 健康・福祉 > 福祉 > 福祉に関する施策・計画 > 避難行動要支援者支援制度について

更新日:2019年5月27日

ここから本文です。

避難行動要支援者支援制度について

避難行動要支援者支援制度とは?

災害対策基本法により、要介護度の高い方や重度障がいのある方など、一定の要件を満たす方(避難行動要支援者)を名簿に登録し、平常時から行政と地域の関係機関で情報を共有することが、すべての市町村に義務付けられています。これにより、災害が起きたときの避難行動や安否確認など、災害に対して地域で支えあう体制の強化を目指します。

旧制度との比較(主な変更点)

 

災害時要援護者名簿

避難行動要支援者名簿

名簿への登録方法

市に申請した方のみを登録

市が調査し、条件に当てはまる方すべてを登録(申請不要)

(登録要件に当てはまらない方については、自己申請により登録される場合あり)

名簿情報を平常時から地域の関係機関に提供することについての意向確認

申請時に同意をいただくため不要

個別に同意をいただく必要あり

人の生命に関わる大規模災害が発生した場合は、同意がなくても提供する場合があります。

登録対象となる方(対象要件)

  1. 要介護認定3・4・5の方(特別養護老人ホームに入所し、住所をその施設に移している方を除く)
  2. 身体障がい者手帳の1・2級を所持している方のうち、視覚障がい・聴覚障がい・肢体不自由・体幹機能障がいの方
  3. 療育手帳(知的障がい)のA判定を所持している方
  4. 精神障がい者保健福祉手帳の1級を所持している方
  5. 上記1.~4.に掲げる方以外で、本人からの申請により、災害時の避難行動に支援が必要であると認められた方

平常時における避難行動要支援者名簿の提供先

自治区、民生委員、半田市社会福祉協議会、消防、警察へ名簿情報を提供します。

避難行動要支援者名簿を提供する際の同意について

避難行動要支援者名簿を関係機関へ提供するためには、ご本人様から同意をいただく必要があります。

登録対象となる方へは、毎年(4~5月及び9~10月)、文書一式を郵送いたします。

お手数となり誠に恐縮ですが、同封の資料をご覧のうえ、「確認書(主に名簿情報を平常時から地域の関係機関へ提供することについての意向確認を行う書類)」を同封の返信用封筒にて返送していただきますようお願いいたします。確認書は同意/不同意に関わらず、必ず提出してください。

なお、不同意の方の名簿情報については市のみが保有し、関係機関へ平常時から提供されることは一切ありません。ただし、人の生命に関わる大災害が発生した際については、不同意の方の名簿情報であっても提供される場合があります。

よくある質問

お問い合わせ

福祉部地域福祉課 地域福祉担当

電話番号:0569-84-0641

ファックス番号:0569-22-2904

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?