ホーム > 子育て・教育 > 子育て > 子育て支援事業 > 病後児保育について

更新日:2015年12月17日

ここから本文です。

病後児保育について

「病後児保育」事業は、半田市が実施する委託事業です。

事業内容

病気回復期にあるお子さんを半田同胞園保育所内の専用スペースにおいて看護師と保育士がお預かりし、保護者の子育てと就労の両立を支援します。

利用できるお子さん

病気回復期にあり、集団生活を行うことが困難で、かつ、保護者の勤務の都合や傷病、事故、出産、冠婚葬祭など、社会的にやむを得ない理由により家庭で育児を行うことが困難な生後6か月から小学校3年生までのお子さん。

利用できる症状など

かぜや下痢など乳幼児が日常かかりやすい疾患の回復期や、はしか、水ぼうそう、風疹などの感染性疾患の回復期、喘息などの慢性疾患及び骨折等の外傷性疾患などです。

実施施設

半田同胞園保育所内病後児保育室

半田市栄町2-22

TEL24-6645

開設時間

午前8時から午後6時まで

利用料金

利用時間にかかわらず、日額3500円

休業日

日曜日・祝日及び、12月29日~1月3日

利用定員

1日に利用いただける人数は4人まで

利用方法

市内の小児科医等が交付する「病後児保育利用許可証」を持参の上、直接、半田同胞園保育所までお申し込みください。

また、当日の持ち物につきましても半田同胞園にてご確認ください。

「病後児保育利用許可証」は、半田市内で小児科を診療科目としている医療機関にありますので、必ず診察の上、利用許可証(無料)を受け取ってください。

病後児保育の申し込みは、原則として利用日の前日までに連絡をお願いします。

なお、定員に空きがある場合は、当日でも受け付けます。

問い合わせ

半田同胞園保育所(TEL24-6645)

愛知県内の病児・病後児保育

県内には、病気の回復期に至っていないものの、当面症状の急変の認められない子ども(病児)や病気の回復期にあるが、集団保育が困難な子ども(病後児)を病院や保育所等において、一時的に保育する施設があります。

県内の病児・病後児保育につきましては、愛知県のホームページ(外部サイトへリンク)をご参照ください。

 

お問い合わせ

健康子ども部幼児保育課 保育担当

電話番号:0569-84-0660

ファックス番号:0569-23-4162

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?

ページトップへ戻る