ホーム > 子育て・教育 > 保育園・幼稚園・認定こども園 > 保育園 > 幼稚園・保育園・認定こども園等の入園に係る認定について

更新日:2016年4月19日

ここから本文です。

幼稚園・保育園・認定こども園等の入園に係る認定について

一人ひとりの子どもが健やかに成長することができる社会を目指して、平成24年8月に子ども・子育て関連3法が成立しました。この法律に基づいて、幼児期の学校教育・保育、地域の子ども・子育て支援を充実するため、平成27年4月から「子ども・子育て支援新制度」が始まります。

教育・保育の必要性に応じた認定

幼稚園、保育園、認定こども園、小規模保育施設を利用するためには、教育・保育を受けるための「認定」を受けることが必要になります。「認定」には申請が必要となり、幼稚園や保育園などの入園申込みにあわせて手続きをすることになります。

「認定」の3つの区分

「認定」には、3つの区分があり、お子さんが満3歳以上で、幼稚園などでの教育を希望する場合は、1号認定を受けることができます。両親が就労しているなど保育を必要とする場合(保育の必要な事由参照)は、お子さんの年齢が満3歳以上は2号認定、満3歳未満は3号認定を受けることができます。

認定区分

対象となる子ども

利用できる施設

1号認定

満3歳以上の就学前の子ども

(2号認定を除く)

幼稚園

認定こども園

2号認定

満3歳以上で保護者の就労や疾病などにより、保育を必要とする子ども

保育園

認定こども園

小規模保育施設

3号認定

満3歳未満で保護者の就労や疾病などにより、保育を必要とする子ども

保育園

認定こども園

小規模保育施設

保育の必要な事由

2・3号認定を受けるには児童の保護者が次のいずれかの事由に該当していることが要件となります。なお、就労時間などの詳細については、入園申込書の配布時にご案内します。

  1. 就労
  2. 妊娠・出産
  3. 保護者の疾病・障がい
  4. 同居または長期入院などしている親族の介護・看護
  5. 災害復旧
  6. 求職活動(起業準備を含む)
  7. 就学(職業訓練校などにおける職業訓練を含む)
  8. 虐待などの恐れがあること
  9. 育児休業取得時に、すでに保育を利用している子どもがいて継続利用が必要であること

利用手続きの流れ

幼稚園・認定こども園(短時間)の利用を希望する場合【1号認定】

  1. 幼稚園などに直接利用を申し込む
  2. 定員超過の場合は抽選を実施
  3. 幼稚園などから入園決定を受ける
  4. 幼稚園などを通じて認定証を受け取る(1号認定)
  5. 幼稚園などの施設利用開始

保育園・認定こども園(長時間)・小規模保育施設の利用を希望する場合【2・3号認定】

  1. 市へ「保育の必要性」の認定申請と保育園などの利用希望施設を申し込む
  2. 市で「保育の必要性」の認定を実施
  3. 保育園など利用施設の決定と認定証を受け取る(2・3号認定)
  4. 保育園などの施設利用開始

 

よくある質問

お問い合わせ

健康子ども部幼児保育課 保育担当

電話番号:0569-84-0660

ファックス番号:0569-23-4162

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?

ページトップへ戻る