ホーム > 衣浦みなとまつり帆船海王丸がやってくる

更新日:2017年8月7日

ここから本文です。

海王丸を観覧される皆様へ(緊急連絡)

台風5号に関する影響において、8日の出港を中止し、7日11時に出港(予定)をすることに決定しました。そのため、8日の出港式典やとうしょうれいのイベントに関しましては、中止とさせていただきます。また、海王丸停泊付近はとても危険ですので、立入禁止とさせていただきます。ご了承ください。(平成29年8月7日午前8時時点)

台風の影響次第では、8日の出港を前倒しし7日出港する可能性もあり、その際は、出港式典とうしょうれいのイベントは中止となりますので、ご了承ください。また、7日夜のイルミネーションは台風の影響を考え、中止とさせていただきますので、ご了承ください。(平成29年8月6日午後6時時点)

衣浦みなとまつり帆船海王丸がやってくる

半田市制80周年・衣浦港重要港湾指定60周年記念事業として、衣浦港亀崎ふ頭1号岸壁に帆船海王丸がやってきます。

「海の貴婦人」と呼ばれる海王丸が衣浦港亀崎ふ頭に寄港し、セイルドリル(操帆訓練)と一般公開を開催します。実習生達がマストにのぼり白い帆をはるセイルドリルは圧巻です。なお翌日の一般公開は午前と午後の2回開催します。なかなか見ることのできない「海の貴婦人」海王丸の船内を見てみませんか。

皆様お誘い合わせの上、揃ってお出かけください。

イベント等日程(予定)

  • 平成29年8月4日(金曜日)入港10時00分

8月5日(土曜日)セイルドリル13時00分~16時00分

8月6日(日曜日)一般公開(乗船受付時間:9時00分~11時00分,13時00分~15時30分)

8月8日(火曜日)出港10時00分(変更可能性あり

  • 停泊期間中は、日没から22時00分までイルミネーションを点灯し、夜の衣浦港を鮮やかに彩ります。(7日の夜のみ中止としました。)

天候などにより当日中止となる場合があります。

乗船受付時間は都合により変更となる場合があります。

場所

衣浦港亀崎ふ頭1号岸壁

会場ご案内図

 

入港、セイルドリル、一般公開及び出港の当日は、亀崎ふ頭周辺の交通規制を行いますので、係員の指示に従ってください。

臨時駐車場に駐車できる台数がかなり少ないため、公共交通機関(JR及び知多バス等)のご利用をお願いします。

海王丸の概要

初代大型練習船「海王丸」は、1930年に日本丸とともに建造され、当時の田中隆三文部大臣の「日本の海の王者にふさわしい船にしたい」という我が国の海運に寄せる期待を込めて「海王丸」と命名されました。

初代海王丸は、引退までの59年余りにわたって、実習訓練を行い、現在は、海王丸パーク(富山県射水市海王町8番地)にて一般公開を行っています。

海王丸(2世)は、船員教育訓練とあわせて「青少年のための海洋教室や体験航海」にも利用するものとして、国の補助金、財団法人日本船舶振興会(現・日本財団)補助金、一般からの寄付金などにより、財団法人練習船教育後援会(現・財団法人海技教育財団)が建造し、1989年3月7日に、住友重機械工業追浜造船所浦賀工場で進水式を行い現在に至っています。

進水年月日 1989年3月7日
全長×幅 110.09×13.80m
総トン数 2,556トン
帆枚数 36枚
マストの高さ 海面上から50m
定員 199名

 

チラシ表(PDF:634KB)

チラシ裏(PDF:1,084KB)

 

よくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

建設部都市計画課

電話番号:0569-84-0664

ファックス番号:0569-23-6061

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?

ページトップへ戻る