ホーム > 文化・スポーツ > 芸術・文化 > 文化施設 > 半田市鉄道資料館

更新日:2015年8月26日

ここから本文です。

半田市鉄道資料館

【半田市鉄道資料館について】

「半田市鉄道資料館」は、昭和52年11月3日に開設されました。

昭和47年3月、前年に旧国鉄から貸渡しを受けたC11265蒸気機関車(SL)及び、「武豊線」を中心とした貴重な鉄道資料を公開するミニ産業博物館として、旧半田市民ホールに隣接して設置されました。

平成18年、旧半田市民ホールの取り壊しに伴い、貴重な産業遺産であり観光資源でもあるSL及び展示資料を、より多くの方々に観覧していただけるようJR半田駅北に移転いたしました。

〇半田市鉄道資料館

資料館外観資料館内観

「半田市鉄道資料館」は、鉄道資料館としては小樽鉄道記念館の次に開設されたもので、全国でも最初に開設されたローカル線の一つである「武豊線」の、貴重な資料を数多く収蔵しています。どうぞ皆さん、ご家族で・愛好者の仲間と・友達同士で、お誘い合わせのうえ多数ご来館ください。

〇C11265蒸気機関車

 

【施設のご案内】

住所:〒475-0887半田市御幸町110番地4

交通:JR武豊線半田駅下車徒歩1分、名鉄河和線知多半田駅下車徒歩10分

開館日:毎月第1日曜日・第3日曜日(1月のみ第2日曜日・第3日曜日)

開館時間:午前10時~午後3時

入館料:無料

その他:トイレ無し

〇開館日以外の特別見学・団体見学希望者は、半田市教育委員会生涯学習課まで事前にご相談ください。

よくある質問

お問い合わせ

教育委員会事務局教育部生涯学習課 生涯学習担当(雁宿ホール)

半田市雁宿町一丁目22番地の1

電話番号:0569-23-7341

ファックス番号:0569-23-7629

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?

ページトップへ戻る