ホーム > 文化・スポーツ > 芸術・文化 > 講座・講習 > 企業ゲストティーチャー > 企業ゲストティーチャー出前授業の様子

更新日:2016年3月24日

ここから本文です。

企業ゲストティーチャー出前授業の様子

平成27年度の企業による出前授業

平成27年度の企業4社(富士重工業株式会社、半田信用金庫、Mizkan(株)、中部電力半田営業所)による出前授業は、半田市内のべ20校、1,090名の児童・生徒が目を輝かせ受けていました。

中学生は、キャリア教育の一環として、「専門家の話を聞く会」または「職業人に学ぶ」等での講師として務めていただきました。

平成28年1月には、さらにもう1社「株式会社LIXIL」にも登録をいただきました。平成28年度の授業に向けて、平成28年3月22日にさくら小学校において授業を行いました。

 

株式会社LIXIL

さくら小学校5年生

lic15年生の2クラスが1時間ずつ授業を受けました。「家の中の安全について考える」授業でした。

lix3トイレには「トイレットペーパーを使いましょう」とあるけれど、どうしてだろう?カップに、トイレットペーパーとティッシュペーパーそれぞれ入れて、水を入れます。そのカップをシェイクすると・・・。トイレットペーパーは溶けてしまったけれど、ティッシュペーパーはかたまりが残りました。

「だから、トイレットペーパーしか使っちゃいけないんだね。」子どもたちから声が聞こえました。

lix2ヒートショックというちょっと難しい言葉。どういうことか説明を受けました。お風呂の床はヒヤッとします。でも安全を考え、研究を重ねていき、「ヒヤッ」としない床が開発されました。それを、体験してみました。

lix4家庭内での事故が多いことを知りました。個人でグループで考えながら授業をすすめていきました。

おうちの人とも、家庭内の安全について考えてみましょう、と授業が終わりました。

 

富士重工業株式会社航空宇宙カンパニー

出前授業第1弾は、富士重工業株式会社による授業でした。5月28日に成岩中学校で行われました。

成岩中学校2年生

narawa1まずは、会社の半田工場・半田西工場がどこにあるかの説明です。もう20年も半田工場はありますが、潮干町にあるため、なかなか生徒の目に止まる機会が少ないため、生徒は「へぇ、半田に飛行機を作っている工場があるんだ。」と興味を示していました。

narawa2後ろの席の生徒は立ち上がって見ています。その先にあるものは・・・。

飛行機はなぜ、飛ぶのかという揚力の実験でした。前に進む力「推力」、後ろに引っ張る力「抗力」、そして上に上がる力「揚力」を送風機を使って確かめました。他には、炭素繊維プラスティックと呼ばれる、軽いけど強いプラスティックを実際に触れることで、飛行機がどんなものから作られているかも体験しました。

narawa4後半は、仕事をすることとは、または仕事をするうえで大切なことをお話しされました。仕事をしていくうえで、日々勉強することはとても大切なこと、努力をし、自分でよりよくしていこうと考えることが大切だとお話をされました。

narawa5一口に航空機産業といっても、飛行機をデザインする人、製造する人、整備士、エンジニア等様々な仕事があることを知りました。普段なかなか知ることのできない職種についても話していただき、生徒達も幅広い知識が身についたことと思います。

同様の授業を、翌日29日に半田中学校でも行いました。今後は、青山中学校でも行います。

 

半田小学校3年生

半田小学校では、3年生が1クラスずつ授業を行いました。

今年度から始まった新しいコース「飛行機はなぜどぶの(ホップ)というコースで、紙飛行機作製や飛行体験(紙飛行機を飛ばしてみました!)や未来の飛行機のお話です。

fujijyuuhannda1まずは、飛行機が飛ぶ仕組みを送風機で体験しました。

fujijyuuhannda2折り紙で、紙飛行機作りです。

fujijyuuhannda3さぁ、飛ばすよ~。

最初折っただけでは、飛ばなかったけれど、富士重工業のゲストティーチャーの方に「工夫」を教えてもらったら、遠くまで飛びました!

 

ミツカングループ

ミツカングループの授業は、板山小学校からスタートしました。

さくら小学校3年生

mitukansakura1まずは会社の説明です。お酢だけでなく、いろいろな商品を作っている、と商品を子どもの前に並べてみてもらいました。

mitukansakura2さくらの子どもたちは、お酢が大好きでした。「きき酢」体験では、3種類(穀物酢、リンゴ酢、山吹)の香りや味を確認しましたが、何度も味を体験し「美味しい!」ほとんどの子どもが正解でした。

11月にはMIMもオープンします。ぜひ、別の角度からミツカンを学んでほしいと思います。

 

中部電力株式会社(半田営業所)

さくら小学校5年生

平成27年12月18日、さくら小学校の5年の児童2クラスが、中部電力さんの出前授業を受けました。

chiden1中電さんからは、4名の方にきていただきました元気いっぱいの5年生との授業が始まります。

chuden2電気ブランコの実験です。磁石にコイルが入ると、検流計の針が触れました。これは電気が作られたということです。班ごとでの実験を行いました。

chuden3次は、火力発電所の仕組みを、圧力鍋を使って確認しました。目で見て体験するという素晴らしい授業です。この他にも、手回し機器を使っての発電実験や、太陽光パネルを使っての説明等、電気について様々な角度から学ぶことができました。子どもたちは目の前での実験や体験に目を輝かせていました。

1月には板山小学校でも授業を行います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

よくある質問

お問い合わせ

教育委員会事務局教育部生涯学習課 生涯学習担当(雁宿ホール)

半田市雁宿町一丁目22番地の1

電話番号:0569-23-7341

ファックス番号:0569-23-7629

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?

ページトップへ戻る