ホーム > 暮らし・手続き > 戸籍・住民の手続き > 離婚に関する手続きについて

更新日:2016年8月29日

ここから本文です。

離婚に関する手続きについて

離婚届(協議離婚)について

 

届出期間 届出人 届出地 お持ちいただくもの
届出をした日から効力が発生します 夫と妻 夫又は妻の本籍地又は住所地の市区町村役場
  • 離婚届
  • 夫と妻の印鑑
  • 戸籍謄本(届出をする市区町村に本籍がない場合)

※婚姻の際に氏を改めた人は離婚届を出すと原則、旧氏(婚姻前の氏)に戻ります。婚姻中の氏を離婚後も名乗り続けたい場合は、離婚後3か月以内に「離婚の際に称していた氏を称する届出(戸籍法第77条の2の届出)」を提出してください。(離婚後3か月を過ぎてしまうと家庭裁判所の許可が必要となります)

※協議の離婚届は夫と妻の署名・押印と、20歳以上の証人(2名)の署名・押印が必要です。

※外国籍の方に関する届出は、必要な書類などが異なる場合がありますので、事前にご相談ください。

※未成年の子がある父母が離婚するときには「面会交流」及び「養育費の支払い」についてチェックをすることになりましたので、記入へご協力ください。

※届出書持参者の本人確認をさせていただきます。運転免許証、パスポート等、官公庁発行の顔写真付きの身分証明書をご持参ください。

離婚届(協議離婚)記載例(PDF:55KB)法務省HP

 

よくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

市民経済部市民課 戸籍担当

電話番号:0569-84-0631

ファックス番号:0569-21-2494

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?

ページトップへ戻る