ホーム > 防災・防犯 > 防災・減災 > 国民保護情報(北朝鮮によるミサイル攻撃など)について

更新日:2017年8月21日

ここから本文です。

弾道ミサイル落下時の行動

弾道ミサイル情報等を確認した場合は直ちに以下の行動をとってください。

屋外にいる場合

  • 近くのできるだけ頑丈な建物や地下に避難する
  • 近くに適当な建物がない場合は、物陰に身を隠すか地面に伏せ頭部を守る

屋内にいる場合

  • できるだけ窓から離れ、できれば窓のない部屋へ移動する

その他、国民保護にかかる情報は内閣府国本保護ポータルサイト(外部サイトへリンク)をご覧ください。

 

国民保護情報の配信サービスの活用

弾道ミサイル情報等の国民保護情報については、防災行政無線により伝達されるほか、消防庁から携帯大手事業者(株式会社NTTドコモ、KDDI株式会社、沖縄セルラー電話株式会社、ソフトバンク株式会社)を経由するエリアメール・緊急速報メールにより携帯電話・スマートフォンに配信されるようになっています。


ほとんどの携帯電話・スマートフォンが、エリアメール・緊急速報メールを受信できますが、一部には受信できないものがあります。
お持ちの携帯電話・スマートフォンが受信できるかどうかの確認手順と、受信できない(または受信できるか分からない)場合の対策を、消防庁がまとめましたので、お知らせします。

消防庁のまとめ(スマートフォンアプリ等による国民保護情報の配信サービス)(PDF:252KB)

 

国民保護に係る警報のサイレン音

武力攻撃が迫り、又は現に武力攻撃が発生した場合には、サイレンを使用して注意喚起を図ります。

サイレン音のサンプルが内閣府のホームページで公開されていますので、参考にしてください。

内閣府国民保護ポータルサイト(国民保護のための情報伝達の手段のページ)(外部サイトへリンク)

よくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

総務部防災交通課

電話番号:0569-84-0626

ファックス番号:0569-84-0640

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?

ページトップへ戻る