ホーム > 子育て・教育 > 子育て > 子育て支援事業 > 障がい児通所支援について(児童福祉法)

更新日:2017年4月21日

ここから本文です。

障がい児通所支援について(児童福祉法)

障がい児通所支援とは、障がいのある子が施設に通所することにより、療育的な支援が受けられる制度です。

障がい児通所支援は児童福祉法に基づいた福祉サービスで、利用には「通所受給者証」が必要です。

対象者

個別療育・集団療育あるいは機能向上訓練などを行う必要が認められる、障がいをお持ちの児童。

(療育手帳や身体障がい者手帳などの障がい者手帳をお持ちでない場合は、医師による「療育や訓練が必要である」ことがわかる意見書等が必要となります。)

 

サービスの種類

障がい児通所支援(児童福祉法)

サービス名

対象

サービス内容

児童発達支援

未就学児

日常生活における基本的な動作の指導、知識技能の付与及び集団生活への適応訓練を行います。

医療型児童発達支援

未就学児

肢体不自由の障がい児が対象で、児童発達支援及び治療を行います。

放課後等デイサービス

就学児

就学中の障がい児に対して、放課後や夏休み等の長期休暇中において、生活能力向上のための訓練等を継続的に提供します。

保育所等訪問支援

未就学児及び就学児

障がい児が集団生活を営む施設を訪問し、当該施設における障がい児以外の児童との集団生活への適応のための専門的な支援その他の便宜を供与します。

 

サービスの利用方法

【サービス利用までの流れ】

障がい児通所支援を利用するまでの手続き等に関する流れを説明します。

(1)相談・申請

受けたい福祉サービスや生活での困り事がある場合は、子育て支援課にご相談ください。

サービスを申請する場合は、申請書を子育て支援課窓口に提出します。その際、お子さんの心身の状況や生活環境、どのようなサービスを希望するか、など聞き取らせていただきます。

(2)障がい児支援利用計画案の提出依頼

申請された障がい児の保護者に対して、「障がい児支援利用計画案」の提出依頼書を子育て支援課から送付します。

(3)障がい児支援利用計画案の作成・提出

指定障がい児相談事業所」で、「障がい児支援利用計画案」を作成します。作成した「障がい児支援利用計画案」は子育て支援課に提出してください。

(4)支給決定

障がい児支援利用計画案」や申請者の要望を元にサービスの種類や支給量などが決まり、市から「障がい児通所給付費支給決定通知書」と「通所受給者証」が郵送されます。

「障がい児相談支援事業者」と相談し、サービス提供事業者と調整を行い、「障がい児支援利用計画」を作成してもらいます。

(5)契約

サービスを利用する事業所を選択し、利用に関する契約をします。

(6)利用開始

「通所受給者証」をサービス提供事業者に提示して、サービスの利用を開始します。

(7)モニタリング

定期的に環境の変化やサービスの提供状況などを確認します。

 

 「障がい児支援利用計画案」とは…?

お子さんの心身の状況や生活環境などについて聞き取りし、総合的な援助方針や解決すべき課題を踏まえ、もっとも適切なサービスの組み合わせ等について検討し、作成する計画書です。

作成は半田市内にある指定相談事業所で、相談支援専門員と面談等の上、相談支援専門員が行います。


 半田市指定障がい児相談事業所一覧

事業所名称

住所

電話番号

半田市障がい者相談支援センター

(社会福祉法人半田市社会福祉協議会)

半田市雁宿町1-22-1

半田市福祉文化会館内

0569-21-5585

相談支援ぴっと

(社会福祉法人むそう)

半田市天王町1-40-5

0569-22-4072

わたぼうし

(特定非営利活動法人生活支援センターわたぼうし)

半田市栄町3-222

0569-23-2010

特定非営利活動法人つみき福祉工房

(特定非営利活動法人つみき福祉工房)

半田市住吉町1-65-4

0569-23-3078

WHJ支援センター

(社会福祉法人ダブルエッチジェー)

半田市椎ノ木町1-8-1

0569-23-3377

 

利用者負担の額

利用者負担の原則はサービス費用総額の1割負担ですが、所得に応じて負担上限月額が設定されています。なお、食費等の実費負担については別途必要になります。

 

 利用者負担上限月額

障がい児(18歳未満)の場合は、負担上限月額を世帯全員の所得で判断します。

利用者負担上限月額

所得区分

所得の状況

負担上限月額

生活保護

生活保護受給世帯

0円

低所得

市民税非課税世帯

0円

一般1

市民税所得割額が28万円未満の世帯

4,600円

一般2

市民税課税世帯で、一般1に該当しない方

37,200円

 

利用者負担上限額管理について

複数の事業者を利用し、利用者負担額が上限月額を超えることが予想される場合は、ご利用の事業者に利用者負担上限額の管理を依頼することができます。

申請書(利用者負担上限管理事務依頼(変更)申請書(PDF:65KB))に必要事項を記入し、子育て支援課へ提出してください。

 

このような場合にはご連絡ください

新たに別のサービスを利用したいときや、さらに多くのサービスを利用したいとき

いずれの場合も事前に手続きが必要です。受給者証と認め印を持って、子育て支援課で申請してください。

住所や氏名に変更があったとき

変更後14日以内に、受給者証と認め印を持って子育て支援課に届け出てください。市外へ転出し、転出先でサービスの利用を希望される場合も、事前に半田市にご連絡ください。

受給者証を紛失、破損したとき

再発行しますので、受給者証(破損した場合)、認め印を持って、できるだけ早く子育て支援課で申請してください。

その他、不明な点等ありましたら、お気軽にお問い合わせください。

様式集(申請書類)

利用者負担上限管理事務依頼(変更)申請書(PDF:65KB)

障がい児通所給付費支給申請書兼利用者負担額減額・免除等申請書(PDF:123KB)

障がい児通所給付費支給変更申請書兼利用者負担額減額・免除等変更申請書(PDF:115KB)

特例障がい児通所給付費支給申請書(PDF:90KB)

計画相談支援給付費・障がい児相談支援給付費支給申請書(PDF:65KB)

計画相談支援・障がい児相談支援依頼(変更)届出書(PDF:66KB)

申請内容変更届出書(PDF:74KB)

受給者証再交付申請書(PDF:73KB)

契約内容報告書(PDF:54KB)

過誤申立て(取下げ)依頼書(PDF:80KB)

よくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

健康子ども部子育て支援課 家庭相談担当

電話番号:0569-84-0657

ファックス番号:0569-23-4162

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?

ページトップへ戻る