ホーム > 観光 > 観光スポット > 南吉の家

更新日:2015年9月3日

ここから本文です。

南吉の家

南吉の家

半田出身の童話作家、新美南吉の実母りゑの実家(新美家)。大正10年7月、小学校2年生の南吉は、血のつながらない祖母新美志もの養子となり、この家で暮らしはじめましたが、四ヶ月ほどで父のもとに帰りました。当時の農家の様子を伝える萱葺きの家で、「小さい太郎の悲しみ」などの作品に登場します。志もの死後は空家になっていましたが、昭和48年に画家北川民次氏と弁護士神谷幸之氏の努力により修復され、現在はかみや美術館の分館として公開されています。庭には詩「墓碑銘」の碑があり、裏の土蔵は南吉に関する資料館になっています。

 

●所在地半田市平和町7-60
●交通名鉄線河和線「半田口」駅下車、西へ徒歩20分、知多半島道路「半田中央I.C(JCT)」から車で3分
●お問合せ先かみや美術館(外部サイトへリンク)電話0569-29-2626

よくある質問

お問い合わせ

市民経済部観光課 観光担当

電話番号:0569-84-0689

ファックス番号:0569-25-3255

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?

ページトップへ戻る