ホーム > 子育て・教育 > 子育て > 医療助成 > 子ども医療費の助成について

更新日:2016年6月21日

ここから本文です。

子ども医療費の助成について

半田市では、0歳児から中学生まで医療費の助成を行っています。

対象者

市内に住所を有する子ども

ただし、小学校1年生以上の子どものうち、障がい者医療又は母子・父子家庭医療の助成を受けることができる方は、そちらを優先していただきます。

医療助成の内容

※保険診療外の費用は助成の対象外ですので、実費負担となります。

※健康保険から高額療養費等が支給される場合は、その金額を除きます。(支給済みの場合は、該当額を市に返還していただきます。)

【0歳児~小学校6年生(満12歳に達する日の属する年度の末日まで)】

区分

助成内容

助成方法

保険診療分の自己負担額(入院時の食事負担金等を除く)を助成

医療機関受診時に窓口で受給者証を提示

 

【中学校1年生~3年生(満15歳に達する日の属する年度の末日まで)】

区分

助成内容

助成方法

保険診療分の自己負担額(入院時の食事負担金等を除く)を助成

【半田市内での受診】

医療機関受診時に窓口で受給者証(半田市内のみ有効)を提示してください

【半田市外での受診】

医療機関窓口で自己負担額をお支払いになった後、国保年金課窓口で還付の申請をしてください

保険診療分の自己負担額の3分の2を助成

 

子ども医療費受給者証の申請方法

ご家族の方が健康保険証(お子様の名前が記載されたもの)をお持ちになり、窓口までお越しください。

医療費の払い戻しについて

1.次の場合は、申請により保険診療分の自己負担額(中学生の通院は自己負担額の3分の2)が助成されます。

「申請に必要なもの」をお持ちになり、窓口にお越しください。

  • 愛知県外で受診したため子ども医療費受給者証が使えなかった場合
  • 医師の指示により治療用補装具(コルセット等)を購入した場合
  • 中学生の方が半田市外で通院・入院をされた場合
  • 中学生の方が他の公費負担制度(小児慢性特定疾患、指定難病など)で通院された場合

申請は、診療月の翌月以降、月ごとにまとめてお願いします。

2.申請に必要なもの

  • 子ども医療費受給者証
  • 健康保険証(お子様の名前が記載されたもの。コピー不可)
  • 領収書(お子様の名前、受診年月日、支払金額、保険点数の表示があるもの。コピー不可)
  • 認印(シャチハタなどのスタンプ印は不可)
  • 保護者の預金通帳
  • 医師の証明書(医師の指示により治療用補装具(コルセット等)を購入した場合)

半田市国保以外の方で、健康保険証を提示せずに受診した場合、医師の指示により治療用補装具(コルセット等)を購入した場合、及び入院等で高額療養費に該当した場合は、先に加入している保険者(協会けんぽ、健康保険組合等)で手続きを行って、療養費支給決定通知書等をお持ちください。

同じ医療機関でひと月あたりの自己負担額が21,000円以上となった場合は、保険者に高額療養費の該当の有無を確認した後のお支払いとなります。入金まで受診月から5か月程度かかる場合がありますので、ご了承ください。

よくある質問

お問い合わせ

福祉部国保年金課 医療福祉担当

電話番号:0569-84-0652

ファックス番号:0569-22-8561

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?

ページトップへ戻る