ホーム > 子育て・教育 > 妊娠・出産 > 不妊 > 半田市不妊検査・治療費助成金制度のお知らせ

更新日:2016年4月4日

ここから本文です。

半田市不妊検査・治療費助成金制度のお知らせ

妊娠を望んでいる夫婦の経済的負担を軽減するため、不妊検査や不妊治療などの一般不妊治療に要する費用を助成します。

対象者

夫又は妻のいずれか一方又は両方が半田市に住所を有する法律上の夫婦。
※「住所を有する」とは、住民基本台帳に記載されていること。

補助内容など

対象者:不妊検査又は不妊治療を受けている夫婦。

助成対象:不妊検査・治療・人工授精。

助成回数:年度に1回で継続して2回(2か年度)まで。

実施医療機関:産科、婦人科若しくは産婦人科又は泌尿器科若しくは皮膚泌尿器科。

所得制限:あり。730万円未満/年(夫婦合算の所得)。

助成金額:年間自己負担額の50,000円まで。

特定不妊治療費助成制度利用中の重複助成は認められません。

交付申請

書類等の準備

医療機関で不妊検査・治療を受ける度に、自己負担金支払証明書にそのつど自己負担額の記入を受けてください。院外処方の場合は、薬局で自己負担額の記入を受けてください。

治療費の領収書を保管し、申請時に保健センターへ持参してください。

自己負担金支払証明書は医療機関と相談の上作成。

申請手続き

助成金の申請は年度(3月から翌年2月までの検査・治療)に1回で、当該年度の3月31日までに申請してください。ただし、検査・治療を終了し継続する予定のない場合は、随時申請できます。

交付申請者は、夫婦のうちどちらか一方でまとめて保健センターに申請してください。ただし、様式第2については、夫婦別々で記入してください。

助成金の交付申請に必要なもの

1.申請書(様式1)(PDF:103KB)

2.支払証明書(様式2)(PDF:218KB)治療費などは、医療機関に記入してもらってください。

3.請求書(様式5)(PDF:79KB)

4.領収書(原本)

5.公的機関が発行する婚姻関係を証明する書類(住民票又は戸籍謄本)*

6.夫と妻の個々の所得を証明する書類(所得証明書)*

7.健康保険証

8.印鑑と振込先通帳(支店名も確認します)

5及び6については、審査のために住民基本台帳等の閲覧に同意した人は、省略可。ただし、6については、市外からの転入者で所得額が確認できない場合は、省略不可。

申請書類は保健センター及び市内産婦人科にもあります。

申請書類記入上の注意

  1. お知らせ(補足資料)(PDF:221KB)
  2. 記入例申請書(様式1)(PDF:170KB)

よくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

健康子ども部保健センター 母子保健担当

半田市東洋町二丁目29-6

電話番号:0569-84-0646

ファックス番号:0569-24-3308

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?

ページトップへ戻る