更新日:2017年8月17日

ここから本文です。

博物館NEWS

博物館講座「昆虫少年少女!外に出よ!」を開催しました。(8月17日更新)

8月12日(土曜日)、博物館講座「昆虫少年少女!外に出よ!」を開催しました。はじめに、視聴覚室にて身近な昆虫や世界各地の昆虫について紹介しました。その後、任坊山公園に移動し、チョウやセミ、バッタなどの昆虫採集を行いました。最後に、展翅板やまち針を使って昆虫の標本作りを行いました。

konntyuu1konntyuu2

博物館講座「化石を発掘しよう!~木の葉化石編~」を開催しました。(8月17日更新)

8月11日(金曜日)、博物館講座「化石を発掘しよう!~木の葉化石編~」を開催しました。はじめに、視聴覚室にて「化石とは何か」「化石のでき方」等について解説しました。その後、体験学習室に移動し、数十万年前に堆積した地層の岩石ブロックを割って、木の葉や昆虫の化石を探しました。最後に、知多半島や愛知県周辺で見つかる化石について、実物資料や写真を使って紹介しました。

kaseki1kaseki2

企画展記念講演会「江戸前すしを育てた半田の酢」を開催しました。(8月17日更新)

8月10日(木曜日)、企画展「Sushi」記念講演会「江戸前すしを育てた半田の酢」を開催しました。本講演では、株式会社Mizkanの赤野裕文氏を講師に迎え、にぎりずしが和食の代表として確固たる地位を確立するまでの変遷について、すしの歴史や又左衛門の画期的な挑戦を踏まえて紹介しました。

edomaesusi1edomaesusi2

企画展関連講座「知って得する酢の知識」を開催しました。(8月6日更新)

8月5日(土曜日)、視聴覚室にて企画展関連講座「知って得する酢の知識」を開催しました。本講座では、博物館専門員の柴田邦彦氏が、「お酢の成分」や「日本の酢と世界の酢」、「いろいろなお酢の使い方」、「お酢と健康」など、様々な角度から身近な調味料であるお酢について解説しました。

sunotisikisunotisiki2

「ナイトライブラリー&ミュージアム」を開催しました。(8月4日更新)

8月3日(木曜日)、博物館と図書館にて「ナイトライブラリー&ミュージアム」を開催しました。本イベントは、閉館後の館内で普段とは違った体験をしてもらい、図書館や博物館に一層親しんでもらえるよう企画された夏の人気イベントです。参加者の方には、まずボランティアグループ「きりんの会」と「おだんごぱん」による怪談を聞いていただいた後、お化け屋敷風に装飾した真っ暗な図書館と博物館内を巡り、肝試しに挑戦してもらいました。

night1night2

博物館講座「まがたまをつくろう」を開催しました。(7月29日更新)

7月29日(土曜日)、体験学習室にて博物館講座「まがたまをつくろう」を開催しました。まがたま作りは、爪で傷つくほど柔らかい「滑石」という石にまがたまの絵を描き、紙ヤスリを使って少しずつ削っていきます。まがたまの滑らかな曲線を出すために四角い滑石を削っていくのは大変でしたが、参加者の皆さんは古代の人々の生活に想いを馳せながら、楽しくまがたまを作っていました。

magatamamagatama2

博物館講座「文化財を描こう」を開催しました。(7月29日更新)

7月28日(金曜日)、旧中埜家住宅にて博物館講座「文化財を描こう 旧中埜家住宅~みんなの絵画で特別公開を彩ろう~」を開催しました。当日は市内の小中学生21名が参加し、国の重要文化財(建造物)である旧中埜家住宅の内外を見学したあと、建物外観のスケッチを行いました。蒸し暑い中、参加者の皆さんは建物の細部までよく観察しながら一生懸命スケッチしていました。完成した作品は、博物館での展示や11月に予定している第1回特別公開などで使用します。

bunnkazaiwoegakoubunnkazaiwoegakou2

博物館講座「押花で小物作り」で制作したオリジナルカレンダーを展示しています。(7月23日更新)

oshibana7月22日(土曜日)~8月20日(日曜日)の間、博物館2階常設展示3前で、博物館講座「押花で小物作り」で参加者が制作したオリジナルカレンダー14点を展示しています。講座参加者の皆さんの力作を、ぜひ間近でご覧ください。また、8月18日(金曜日)までは「花空間・押花の会作品展」も開催中です。

企画展「Sushi~半田の酢醸造と食文化のはなし~」開催中です。(7月23日更新)

7月22日(土曜日)~9月3日(日曜日)の間、企画展「Sushi~半田の酢醸造と食文化のはなし~」を開催しています。本展では、すしのルーツや日本各地で見られる郷土のすし、江戸時代の「早すし」と現代のにぎりずしの比較など、すしにまつわる歴史や食文化のほか、すしの発展を支えた半田の酢醸造について紹介しています。ぜひお越しください。

tennjihuukeisushihikaku

100年ぶりの里帰り「常滑市瀬木区世楽車お囃子演奏会」(7月9日更新)

s-ensou.jpg当館における「常滑市瀬木区世楽車実物展示」の関連イベントとして、子供達40名によるお囃子演奏会が行われ、超満員の観客の前でお囃子4曲が披露されました。

現在の世楽車は、1914年(大正3年)に半田市の上半田南組から山車の部品を購入し建造されたもので、半田に戻るのは約100年ぶりとなります。現在、半田市立博物館では、第八回はんだ山車まつりを記念して、世楽車の実物展示を行っています。展示期間は10月29日(日曜日)まで。

Sripatum大学(タイ)の学生が来館しました。(7月7日更新)sthai.jpg

サワディークラップ(こんにちは)。タイの大学生たちに知多半島の自然や歴史についての紹介をしました。

Sripatum大学の学生椙山女学園大学主導プロジェクト「亀崎ワークショップ」の一環として来日。約1週間亀崎に滞在し、インバウンドからみた亀崎の魅力向上のための提案をしてくれるそうです。

 

「常滑市瀬木区世楽車」の組上作業を行いました。(6月25日更新)

6月25日(日曜日)、常滑市瀬木区世楽車の組上作業を行いました。世楽車は、約100年前まで上半田南組で曳かれていた山車で、現在は常滑市の有形民俗文化財に指定されています。世楽車のような大型文化財の移動展示は、県内でも大変貴重なことです。10月29日(日曜日)まで常設展示室2で展示しています。ぜひ、ご覧ください。

kumiage1kumiage2

博物館講座「押花で小物作り」を開催しました。(6月25日更新)

6月24日(土曜日)、体験学習室にて博物館講座「押花で小物作り」を開催しました。ふしぎな花倶楽部押花インストラクターの柴田恵子氏、樋高純子氏を講師にお迎えし、押花を使ったボールペンと写真入りカレンダーを作りました。カレンダーは、夏休みに博物館2階で展示する予定です。

oshibana1oshibana2

バードカービング作家「稲田源次さん」の実演&トークショーを開催しました。(6月20日更新)

6月18日(日曜日)、バードカービング作家「稲田源次さん」の実演&トークショーを開催しました。午前中は、体験学習室にて稲田さんが実際に木彫りの実演を行いながら、バードカービング制作の行程について解説しました。その後、参加者のみなさんが鳥や昆虫の作品を手に取ったり、間近でじっくり観察しながら写真撮影を行いました。午後は、特別展示室にてトークショーを行いました。稲田さんがバードカービングを始めたきっかけや作品に対する想い、制作の裏話など、時折冗談を交えながら楽しくお話しいただきました。当日は、実演&トークショーで計100名以上の方に参加していただき、盛況のうちに終了しました。

jituenkouennkai

「花空間・押花の会作品展」開催中です。(6月20日更新)

6月18日(日曜日)~8月18日(金曜日)の間、2階廊下壁面にて「花空間・押花の会作品展」を開催しています。この作品展では、「花空間・押花の会」の会員さんが、自分で育てた花やプレゼントされた思い出の花、散歩の途中で見つけた雑草等を押花にし、額絵にした作品31点を展示しています。草花から受けた感動を表現した色々なパターンの押し花絵を、ぜひご覧ください。

oshibanaten sakuhin1sakuhin2

「乙川西山神楽車」の解体作業を行いました。(6月13日更新)

6月11日(日曜日)、常設展示室2で展示されていた「乙川西山神楽車」の解体作業を行いました。およそ3時間ほどで大きな山車が手際よく解体されていきました。次回の組み上げ日は6月25日(日曜日)、「常滑市瀬木区世楽車」が展示されます。

kaitai3kaitai4

企画展「バードカービングの世界~木彫りの鳥に会いに行こう!~」開催中です。(6月13日更新)

6月10日(土曜日)~7月9日(日曜日)の間、企画展「バードカービングの世界~木彫りの鳥に会いに行こう!~」を開催しています。バードカービングとは、野鳥の姿を本物そっくりに木彫り表現したものです。本展では、半田市在住のバードカービング作家「稲田源次」さんの作品約130点を展示しています。木彫りで生き生きと再現された野鳥たちを、ぜひ間近にご覧ください。また、6月18日(日曜日)には、稲田さんによる実演やトークショーなども行います。ぜひお越しください。

tenjizenkeimahiwa

加藤嘉明先生のギャラリートークを開催しました。(5月10日更新)

5月7日(日曜日)、同じく企画展「第32回知多工芸展」の関連イベントとして、企画展のポスター作品を制作された加藤嘉明先生のギャラリートークを特別展示室にて開催しました。作品の特徴や制作のコツなどを解説していただいたほか、幼少期の体験談や陶芸の道に入られるまでのお話などもありました。当日は25名の方にご来場いただき、参加者の皆さんは熱心に耳を傾けていました。

kato1JPGkato2JPG

(左)ギャラリートークの様子(右)半田市長と加藤嘉明先生

作家の茶碗による呈茶会を開催しました。(5月10日更新)

5月7日(日曜日)、企画展「第32回知多工芸展」の関連イベントとして、全知多茶道連盟の皆様にご協力いただき、博物館の日本庭園で呈茶会を開催しました。呈茶会で使用している茶碗は、企画展に出品していただいている陶芸作家さんの作品です。当日は天気も良く、たくさんの方にお抹茶を楽しんでいただきました。なお、呈茶会は5月14日(日曜日)10時~15時にも開催しますので、ぜひお越しください(料金:500円)。

chakai1JPGchakai2JPG

博物館トップページに戻る

 

よくある質問

お問い合わせ

教育委員会半田市立博物館(博物館)

半田市桐ヶ丘4-209-1

電話番号:0569-23-7173

ファックス番号:0569-23-7174

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?

ページトップへ戻る